痛い?かゆい?手や足の皮がむける原因5つ。子供の場合の注意点など。

最近、私の手の皮がむけてきました。まあ、たまにあることなんですが、気持ち悪いですよね。同時期に子供の手の皮もむけてきたりして、家ではあまり うれしくないブームが来てしまってます(笑)なんとなくの認識では、疲れてきたり、季節の変わり目などはむけやすいのかな~という感じだったのですが、実 際どうなのか調べてみました。

むける原因は?

調べてみると、皮がむける原因は大きく5つあるみたいですね。それぞれ状況が違うと思いますので、説明します。

1.手足の特定の場所に負荷をかける

野球のバットを振り続けたり、重いものを長時間持ち続けたりすることによって、手にマメが出来て皮がむけたりします。足の場合も同様です。このような原因で皮がむけるのは、無理をしなくていい状況であれば、患部を消毒後、テーピングするなどして、休みましょう。

2.汗疱(かんぽう)

汗 疱(かんぽう)というのは、手のひらや手指、足の裏に小さな水疱(すいほう)が出来る疾患です。汗っかきの人がなりやすいようで、夏に発症する人が多いで す。また、食べ物やアレルギーが原因とも言われています。水虫と見た目が似てますが、菌ではないので、人に移ったりはしないようです。軽い場合は、かきむ しったりせずに水仕事を控えるなどした方が良さそうです。尿素系クリーム、サリチル酸ワセリンなどの保湿剤で対処、湿疹が生じている部位にはステロイド外用を追加するのがいいようです。強いかゆみを伴う場合は、皮膚科に行って診断してもらいましょう。

3.水虫

mizumushi

出典:http://www.kobayashi.co.jp/seihin/tc_s/index.html

水 虫は、真菌(カビ)で感染する皮膚病です。原因菌となるカビは、一般的に白癬菌(はくせんきん)と言うそうです。一回白癬菌が付着したくらいでは大丈夫で すが、高温多湿な環境で何度も付着することによって、水虫に発展するようです。水虫の症状は三段階あって、かゆくなる⇒みずぶくれになる⇒皮がめくれるの 順に進行していきます。水虫は初期段階の放置が一番よくありませんので、早めの対処が肝心です。水虫には以下の3種類ありますので、症状にあった市販薬を購入するか、皮膚科のお世話になりましょう。

  • 趾間型…指の間にでき、皮がふやけて、ただれたりする。もっともポピュラー。
  • 小水疱型…足にポツポツと小さい水疱ができる
  • 角質増殖型…足の裏の角質が全体的に厚くなり白っぽくなる。表面がザラつき、冬場にはひび割れを起こすことも。

4.乾燥

元々乾燥肌の人や水仕事の多い人が、手の皮に潤いがなくなって皮がむけるケースが多々あります。これは皮膚の保湿力が弱い体質であることが原因なので、保湿クリームを塗ってケアをしましょう。

sp1

5.季節の変わり目

季節の変わり目はやたらと気温や天気が変わりやすく、それを調節するために自律神経がバランスを崩し、抵抗力や免疫力が弱くなることから皮がむけたりします。また、生活のリズムが変わることによるストレスなども原因です。この場合も保湿クリームでケアをするのと同時に、規則正しい生活を心がけましょう。

子供の場合は?

子供の場合、特に注意しないといけないことは、患部を必要以上に触ってしまうことだと思います。大人でもなかなか我慢できない場合もありますので、子供だと尚更です。手足に薬やクリームなどを塗った際には、手袋や布などで患部を覆うようにしましょう。また、皮がむけるということは、生活習慣が乱れているなどの一つのサインでもありますので、規則正しい生活に戻すように促しましょう。

まとめ

簡 単に「皮がむける」といっても色々なパターンがあるのですね。最近歳のせいか急に乾燥肌になってきたので、保湿力が普通の人よりも弱くなったことが原因か もと思いました。あまり本意ではなかったのですが、保湿クリームで何とか対処できました。皮がむけること自体はあまりたいしたことではないと思いますが、 何かしら変調があるというのは、健康の先行指標のような意味合いもあるのかもしれませんね。どの場合にせよ、早めの対策を心がけましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です