チンパンジーの握力は300Kg以上!人を食う凶暴な動物だった…

ところで、チンパンジーという動物は、動物番組にも出てくるマスコットキャラクター的な
存在でとても愛らしいものです。特に「天才志村どうぶつ園」に出演するパンくんはとても
頭が良くてかわいいですが…あれは人間に飼いならされているから被害は無いのですが、
野生のチンパンジーは想像をはるかに超える恐ろしい動物だったのです…
なぜ、チンパンジーがそれほどまでに恐れられているのかといいますと、
まず、チンパンジーの平均握力が300キロ前後といわれています。
激怒したメスのチンパンジーの握力を計測したところなんと572kgという数値
叩きだしたこともあります。

この時点で、人間とは筋力のレベルが違うのが伺えます。人間の20才男子の平均握力は、
48.11というのですから比較しても子供と大人以上の差がありますね。握力が世界最強と
謳われるマグナス・サミュエルソン氏でも192Kg、一見すごそうだと思えるボブ・サップ
でも100Kgもなく、98Kgですから皆、チンパンジーの平均の半分以下なのです。

格闘技ファンなら誰でも知っているであろうというエメリヤー・エンコ・ヒョードルは
コマンドサンボを武器に数多くの強豪選手を激破してきたわけです。総合格闘技の頂点を
築いた時代もあり、霊長類最強なんてこともいわれていました。ところが、チンパンジー
の強さを見ると霊長類最強なんてことを発言するのは恐ろしい話しです。人類最強なら
わかりますが、どんなに強い格闘家でも素手でチンパンジーと戦って勝てるとは思えない
です。

更に、凄いのは、その腕力で、直径2.5センチの鉄棒をいとも簡単に曲げてしまったという
データも報告されています。過去に、「所さんの目がテン!」で体重90キログラムの
パワーリフターの選手と、体重65キログラムのチンパンジーが綱引きの勝負をしたら圧倒的
にチンパンジーが勝利しました。その時に計測した引っ張る力は169キロとこれも凄い
数値を出したのです。

つまり、チンパンジーは、森の中で生活しているため日常的に木の枝につかまったり
することから、握力、腕力、といった筋力が恐ろしいぐらいに高いのです。ちなみに、
チンパンジーの筋力は人間の約5倍といわれているので40キログラムのチンパンジーなら
同じ体脂肪率で200キロの人間と同等の力を持っているということになります。ただ、
ボブ・サップが150キロチョイで、実際その力を大きく上回っているので本当はもう少し
筋力は高いのではないかと考えられます。

筋力が高いというだけであるなら凄いというだけで終わりなのですが…この筋力とともに
兼ね備えていうるのが凶暴な性格です。私たち人間は本来肉食系な動物ではないため歯は
そこまで鋭くはないのですが、チンパンジーは実は肉食動物で歯を見ると犬歯になって
います。特に、大好物なのは同じ哺乳類で、アカコロブスと呼ばれるサルの仲間です。
これの捕食率が全体の8割を占めるというのです。そして、ライオンでもおなじみの子殺
しも行うほどの残酷さ。ボスを決める戦いで勝利したチンパンジーは負けた子供のチンパン
ジーもためらいなく殺して食べてしまうというのだから酷すぎます…

sp1

基本的に狩りは集団で行い、他の霊長類を襲うのですが、そのターゲットは人間も対象
となっているようで、ここ50年の間で人間の子供がチンパンジーに食べられてしまった
という事件が4件も報告されています。

どうでしょう?今までチンパンジーというとかわいらしい印象だったかと思うのですが、
この話しを聞くと凄い恐ろしい動物に思えてきたのではないでしょうか?個人的な感想と
してはチンパンジーはまさに、ドラゴンボールのサイヤ人だな。という感じ
です。戦闘力も地球人とは比べ物にならないほどですし、人間を「もろい民族だ」なんて
思っていることでしょう。孫悟空やべジータは最終的にはいい人になりましたがもともと
は色々な惑星を侵略する極悪非道で恐ろしい性格をしてたわけです。

集団で他の霊長類を襲う、人間を襲う、他の群れのオス、ボスを襲撃して殺し血祭り
に上げる…なんて恐ろしい奴らだ…こういう動物が人間とは別に種族化して文明を築いた
らこの世は偉いことになりそうですね。まあ、そうならずに良かったです。
以上の説明からチンパンジーが非常に強く恐ろしい動物だということが理解していただけ
たかと思います。

そして、素手で彼らに勝てる格闘家はそうそういないということ。
筋力もそうですし、なんせ、犬歯、噛み砕く力が比べも似にならない…普段から野生動物
である他の霊長類と素手で戦っているわけですから格闘センスも人間を超えるでしょう。
どう考えても無理ですね…

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です