山村紅葉の家族。父親母親は?結婚して子供がいる?若い頃は美人だった?

出典:山村紅葉オフィシャルブログ

山村紅葉さんというと、山村美紗サスペンスシリーズと西村京太郎サスペンスシリーズに優先的に出られるようになっています。そのため売れているように思われている山村さんを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 山村紅葉 <本名吉川紅葉>
  • 生年月日 1960年10月27日
  • 血液型 A型
  • 出身地 京都府
  • カテゴリー 女優

山村紅葉の家族。父親母親は?

山村さんは、元々マルサの女でした。大学生の時に一度女優としてデビューしますが、その後は引退し大阪国税局に努めていました。所謂一般人で、実際に脱税をしている人間のところに出かけて行ってお金を押収したりしていたのかもしれません。

ちなみに、大学生の時に出演した作品は、母である山村美紗さんが原作を書いた『燃えた花嫁~殺しのドレスは京都行き~』で初出演しました。当時は思い出作り位の感じだったのかもしれません。

役柄としては、チョイ役ですが山村紅葉演じる花嫁のドレスに火がついて焼け死ぬという役どころでした。その後大阪国税局に就職するため女優を一度引退し上記の文書で書いたように一般人に戻っていました。

山村さんの母親は、ミステリー作家としては知らない人は恐らくいない、山村美紗さんの長女として生まれました。父親は山村巍(たかし)さん、元東山高校の数学教師であり、退職後は画家となった異色の経歴を持つ人です。

しかしながら、山村美紗さんは、現在も生きている西村京太郎さんと愛人関係となっているという噂があり、山村美紗さんの豪邸と西村京太郎さんの部屋が渡り廊下でつながっていて行き来していたという話があります。

なので、山村紅葉さんは西村京太郎さんとの間の子供ではないかと言われています。

また、山村美紗さんの遺言で、自分の作品と西村京太郎さんの作品がテレビドラマ化される場合には、必ずキャスティングするように書かれていると言われており、今のところこの約束は履行されています。そのためサスペンスにたくさん出演しているように思えますが、基本的に山村美紗さんの作品と西村京太郎さんの作品には必ず出ていますのでチェックしてみると面白いかもしれません。

sp1

結婚して子供がいる?若い頃は美人だった?


出典:おきばりやす―京女は今日も一生懸命

山村さんについては、大阪国税局に在籍していた時に、旦那さんと知り合いました。旦那さんは元々財務省の元官僚の吉川元康さんです。勿論そのまま一般人で過ごしていても生活には困ることは恐らくなかったと思います。

子供については、いるという話もありますが、いないという話もあります。これについては公表されていないために憶測が飛んでいるためです。もう山村紅葉さんの年齢も50歳ですのでそろそろお子さんがいるのなら公表しても良いかもしれません。

今の山村紅葉さんを観ると、正直太っているという事は否定できません。特に顔の造作が大きいので顔はインパクトを我々に残してくれます。またコミカル路線の演技が多いのでテレビを見た人の脳裏にも確実に残ります。

しかし、若い頃は美人系の女優さんでした。それがストレスか?元々太る退出だったのかは不明ですが、年齢を重ねるたびに太りだして、今現在の状態となってしまいました。

もう、50歳となってしまった現在ではダイエットしても難しいし痩せるスピードが遅くなるため昔のように美人に戻ることは難しいと思いますが、女優さんなので努力だけでもしてほしいものです。

まとめ

女優活動、スタート時は母である山村美紗さんの口添えによる仕事が大半でしたが今現在では、キャラクターも世間に認知され徐々に母親の力がなくても自力で仕事をゲットしているように思えます。

因みに今流れている缶コーヒーBOSSのCMについてもあれは山村さんの今までしてきた女優活動の結果が生んだ仕事だと思います。今後どのような3枚目女優になっていくかが楽しみな人です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です