反町隆史のドラマ相棒での演技力の評判は?性格は本当のところどうなん?

出典:反町隆史オフィシャルサイト

反町隆史さんというと、ビーチボーイズや龍馬におまかせ等で知名度を上げて行きましたが、ここにきてテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』の4代目の相棒として起用されました。今回はそんな反町隆史さんを掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 反町隆史 <本名 野口 隆史>
  • 生年月日 1973年 12月19日
  • 出身地 埼玉県
  • 血液型 AB型
  • カテゴリー 俳優

反町隆史のドラマ相棒での演技力の評判は?

sorimachi1
出典:ゴールデン☆ベスト 反町隆史[スペシャル・プライス]

相棒は、2000年6月から11月にかけて、サスペンスで有名な土曜ワイド劇場の単発ドラマで放送され、爪痕を残してきました。単発ドラマなのに水谷豊さんと寺脇康文さんが出るなんて豪華なドラマだなそう思ったことを覚えています。

視聴率が良かったからでしょう2002年からレギュラー放送がスタートしました。相棒は他の刑事ドラマには類を見ないオシャレさとドラマに出てくる刑事たちの人間性をつぶさに描いており、ところどころにくすっと笑える演出が面白さを倍増させています。

しかし、いくら人気の出た相棒でもマンネリ化を迎えてしまうという事は避けて通る事は出来ません。そこで脚本上で上手くストーリーを作り、杉下右京(水谷豊)の相棒を変えて行く、方法で相棒はここまで続けてきました。

そして、寺脇康文さん(亀山薫)、神戸尊さん(及川光弘)、甲斐亨さん(成宮寛貴)と橋渡しをしてきました。4代目の相棒については、色々な憶測が飛んでいました。まず最初に名前が出たのは織田裕二さん、しかしこれについては水谷豊さんがNGを出したという話が表に出ており、噂のみで実現することはありませんでした。

sp1

そんな中で着々と進行していたのは、反町隆史さんの4代目相棒就任です。反町さんついてはまったくノーマークとされていました。仕事的にも、2011年に関西テレビのドラマグッドライフで視聴率一桁を叩きだし、俳優の仕事は来るものの中々いい方向にはいかない状態となっており、ギャランティーも高いなどと週刊誌には揶揄する記事が出てあまり評判は良くありませんでした。そんな中での相棒出演でした。まさに青天の霹靂です。

相棒は、脚本が相当作りこまれている事と、反町さんが演じるのに丁度よい年となった事と、ドラマの内容がマッチングした結果だと思います。インターネット上でもよい評判の方が多い状態で正直驚いています。

性格は本当のところどうなん?

再び人気が再燃しそうな反町さんですが、では性格的にはどうなのか?そこのところが少し気になります。反町さんの経歴を見て行くと、ジャニーズ事務所に在籍していたことがあります。

しかしながらアイドルデビューよりも、遊びを優先してしまったのでしょうか?素行不良で解雇となって、現在に至ります何となく頷ける結果ですね。それ意外は殆ど仕事現場でトラブルを起こしたニュースは聞いたことはありませんが、納得しなければ仕事と向き合わないというイメージはあります。

また一部では前のドラマと今のドラマの役が被って見えるという話まで聞こえてきます。

ある意味脚本を体に入れて、全身全霊で当たるストイックな役者と言えますね

まとめ

今回反町さんを掘り下げましたが、正直言って役者としてはここからが面白いというところに入ってきたイメージがあります。しかし、トーク番組やバラエティーに殆ど出演しないので、ドラマの役がそのまま反町隆史のイメージとして構成されていきます。

もう少し、練れてバラエティー出演を解禁すると、もっと好感度と人気が上る可能性はありますが、中々今までやったことないことをやることは人にとっては難しい事ですね。相棒も長く続いてある意味ではゾーンに入った作品と言えます。ある意味では起爆剤となることを期待されている可能性があります。今後ドラマがどのように進行して行くかを見て行きたいところですね、新しい相棒の形がここで出来るとともに新しい役者反町隆史もここで誕生する事でしょう

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です