定年後の過ごし方。趣味は何してる?再就職で仕事するときに有利な資格は?

定年後に何をしよう、どんな趣味を楽しもうと思われた方も多いと思います。そこで今回は定年後の趣味や再就職を考えてみます。

趣味としては?

定 年前から何かをされている方はそのことに時間やお金をかけてより楽しむという形になるでしょう。あるアンケートでは大体趣味をしている人が半数を超えてい て、後は仕事、運動、テレビを見ていると続きます。女性ではそこに買い物、習い事、友人・知人とのおしゃべりが入ります。

時間があるという ことで本を楽しむと言う人も多いようです。本を読んでそこから情報を集める。現代のネット時代の中で読書の良さ、静かな時を刻めるのは贅沢な趣味と言えま すね。字が上手になりたい人には通信教育のボールペン字。これは資格という形を取りたい方ですね。今、本屋に行きますと美文字ということでいろいろ出てい ます。1日何分と決めてコツコツと始めるというのも良いかも知れませんよ。

海外旅行をご夫婦でというのもありますね。高齢になったからこそ 素晴らしい思い出づくりに旅行は最適です。ガーデニングというのも良いですね。土に親しむ、触れるということは心にも体にも自然の力を取り入れることに繋 がると思います。いろいろな園芸用品を購入して自分で植物を育てていく、実がなるものは喜びの収穫を迎える、楽しむことの極みかも知れません。

再就職の資格は?

では、仕事としてを考えてみます。定年後の仕事の場合、どうしても体力的なことがあり限度が出てきます。70歳くらいまでと考えて早目に計画を立てて検討しておくのが良策です。簡単ですが、再就職のご参考に資格取得にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

sp1

ある所のアンケートでは1位がマンション管理士、2位が語学関係、3位がファイナンシャルプランナーとなっています。マンション管理士は高齢者の間でも人気です。この資格は簡単に言えばマンション管理に必要な知識を提供するためのものです。資産運用の選択肢として不動産経営に注目が集まっているように、マンンション経営を目指す人が増えています。

語学、特に英語ですが、幅広い分野で役に立てるということで人気です。ファイナンシャルプランナーはお金の問題を中心にライフプラン全般のコンサルタント業務を行うものです。今後の需要が増加傾向にあります。

他には調理師、宅建、社会保険労務士などとなっています。

得さえすれば仕事選びに大いに役立てることができるでしょう。

社会保険労務士は労働・社会保険に関するスペシャリストであることを証明する資格です。

再就職での注意点

現 在国内だけでも1000種類を超える選択肢がありますので、そこで適切なものを選ぶことが大事です。適切なものとは役立つ資格ということです。取得しやす いものほどあまり役立たないことが多いですので、どこまで勉強し、努力する気があるかを考えましょう。そして、資格を取ったからと言ってすぐに仕事が見つ かるのか、いえいえ、そんなに甘くはないことも心しておくべきです。独立開業を考えている人も同じことが言えます。

まとめ

資格を取る場合は、自分にとって必要なものは何か、本当に取得したいのか、よくよく検討していくことが必要ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です