タトゥー除去の方法や費用。痛いの?消すまでどれくらいかかる?

若い人の間でファッションの一部として気軽に入れられるタトゥー。やっぱり止めようと思った時、どんな方法があって費用はどのくらいかかるのでしょうか?今回はタトゥーについてご紹介します。

3種類の除去方法

1.レーザー治療の特徴

皮膚にレーザーを当ててタトゥーを消す方法です。一度で完全に消すことが出来ないので、複数回の治療が必要です。治したいタトゥーの色によってレーザーが使い分けられており、黒・青・赤は消せますが、それ以外は出来ない場合があります。

2.皮膚を切除する方法の特徴

確実にタトゥーを除去できる方法です。レーザーでは消せない色がたくさん使われているタトゥーも除去できます。縫合するので皮膚再生まで時間はかかります。広範囲にわたる場合は数回に分けて皮膚切除をします。タトゥー自体はキレイに消せますが、切除部分の縫合箇所が見えなくなるまで時間がかかります。傷跡が残る可能性もあります。

3.アプレーションの特徴

アプレーションとはタトゥーを含んだ皮膚の表面を削り取る方法です。他 の方法と比べて傷跡がアザやヤケド跡のようになるため、色白な方などは目立つデメリットがあります。レーザーでは治療出来ない色のタトゥーでも対応できた り、広範囲にも可能なことがメリットと言えます。1度の治療で終わるため、短期間で終わらせたい人向きです。(皮膚の回復にはやや時間がかかる場合があり ます)

費用の目安

保険が適用されない自由診療となっています。病院ごとに費用に差がありますのでご注意を。

レーザー治療の場合

  • 10cm四方で 5万円/1回 
  • 20cm四方で10万円/1回 

※ただし、レーザーでタトゥーを除去するには5~10回のレーザー照射が必要です。

sp1

切除法の場合

  • 10cm四方で    10万円/1回
  • 20cm四方で 15~20万円/1回

一度で切除できる範囲ならば1回で済みますが、広い範囲は数回に分ける必要があります。

タトゥー除去による痛みは?

girl-123657_640

レーザー治療というのは皮膚が焼けるということなので、激痛を伴うようです。「メスで切る治療よりは痛くないはず」と思いがちですが、実は局所麻酔をした手術よりもレーザー治療の方が圧倒的に痛いため、レーザー治療後に他院の手術を受けた方は手術の方が痛くないことに驚くようですよ。

ですが、いろいろ調べますと手術をしての麻酔後、痛み止めも効かないくらいの激痛で術後4日くらいまで痛みの為動けなかったと言う声もありました。

何れの方法も痛みは伴うことを覚悟しておいた方が良いようです。

まとめ

刺 青だと重いイメージがありますが、タトゥーとなると一気にオシャレっぽく軽いイメージですよね。気軽に入れてやっぱり除去しようという段になって大変なこ とに気付くということでしょうか!かなりの費用もかかるし時間もかかります。特に女性は「ウェディングドレスが着れない」「子供と一緒に海やプールに入れ ない」など、後悔先に立たずという方も多いようです。先ずはタトゥーは軽いものではないと認識して初めの段階でよくよく考えることです。入れてしまって除 去するか悩んだら、カウンセリングは無料のようなのでクリニックに相談しましょう。
刺青・タトゥー除去なら半額モニター価格で!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です