二日酔いの吐き気や頭痛の治し方。予防の食べ物や飲み物、薬やサプリなど。

お酒を楽しみたい!と思ってるのに二日酔いでヘトヘト・・・なんてありませんか?原因別に予防と対策をご紹介しますね。

症状と原因

症 状としてはだるさ・吐き気・頭痛・食欲不振・下痢・筋肉痛など様々です。こうした症状が出るのは原因が異なるから!根本の原因物質とは何でしょうか?お酒 に含まれている成分と体内で分解の過程で発生する物質(アセトアルデヒド)。これらが体の機能に作用して二日酔いの各症状が現れます。症状の中で多くある 2症状をピンポイントに列記します。

1.吐き気の原因と治し方

<原因は?>

〇脱水症状によるもの
アルコールには利尿作用があります。飲酒量以上の水分が排出されます。
度数の高いお酒ほど水分の排出量も増えます。
体内の 水分が減ると血液の量も減り、結果食欲不振に繋がります。

〇アセトアルデヒドによるもの
体内でアルコールの分解する過程で発生します。

〇胃酸過多によるもの
最も多い原因。アルコールは胃酸の分泌を促すため、吐き気や食欲不振を引き起こします。

<治し方>

〇水分をたくさん摂る[原因が脱水・低血糖・アセトアルデヒドによるもの
尿をたくさん出すことで、アルコールが体外へ排出されます。
吐き気があってもどんどん飲むべし。
飲みやすいのはお水やお茶。飲めるならスポーツドリンクも効果的。

〇柿を食べる[原因がアセトアルデヒドによるもの]
柿に含まれるカタラーゼという酵素がアセトアルデヒドの分解を促進します

〇しじみ汁を飲む[原因がアセトアルデヒド・低血糖によるもの]
じしみに含まれるタウリンは肝臓でのアセトアルデヒドの解毒作用を高めます。

〇生姜汁を飲む[原因が胃酸過多によるもの]
すりおろして生姜湯にしたり、スープに混ぜたりしてお試し下さい。

吐き気に焦点を絞った薬ですと、「サクロンQ」があります。胃のムカムカ、吐き気、胃痛に早く効きます。「マイトラベル錠」は吐き気を早く治したい場合にどうぞ!

2.頭痛の原因と治し方

<原因は?>

アデノシン(日本酒に多く含まれる)が原因でズキズキ頭痛を引き起こします。アルコールには血管を拡張する働きがあり、アデノシン・アセトアルデヒド・酢酸にも血管拡張作用があります。これが長く続くと血管が炎症を起こしてズキズキした頭痛となるのです。

sp1

<治し方>

血管を収縮させることが一番で、代表選手としてコーヒーなどのカフェインが挙げられます。セロトニンにも作用があり、牛乳なども効き目あり。ですが、即効性にはちょいと欠ける傾向が・・・。そうしたらばやはり薬の出番です。サプリもね。
頭痛に焦点を絞った薬ですと、「バファリンプラスS」「ナロンエース」「ロキソニンS」「イブクィック頭痛薬」効き目が早いですよ。

予防薬やサプリのご紹介

futsukayoi

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/8masarucyan/diary/201201300000/

「ウコンの力」:体質的にアルコールの分解力が弱い方はこちらが良いですね。
「ヘパリーゼ」はCMが印象的です。
「ノ・ミカタ」:ア セトアルデヒドの分解力が弱い、お酒を楽しみたい方。そして、アラニン(貝類に多く含まれる)にはαアラニンとβアラニンとあり、αの方が非常に効果的 で、βは逆に悪影響となりますから気を付けて下さいね。「ノ・ミカタ」ではこのアラニンの含有量が飛びぬけて高いようですよ。
「ハイチオールC」:アセトアルデヒドによる二日酔い、症状が出やすい方。
「オルニチン」:CMでもテレビ番組でもよく取り上げられますね。しじみに含まれる代表的栄養素。
「タウリン」:これもCMでお馴染みですね。特に牡蠣・あさり・たこ・いかに多く含まれてます。ドリンクではご存じリポビタンD・アリナミンVです。オリヒロから「牡蠣エキス粒」も出てます。

二日酔いに良い食べ物は?

1.基本(脱水防止)には:ミネラルウォーター・お茶・お鍋・味噌汁など
2.アルコールの吸収を遅くするには:マカダミアンナッツ・くるみ・レーズンバター
3.主にアルコールの代謝促進には:かぼちゃの種・ごま・玄米・ウコン
4.  肝機能強化には:ブロッコリー・カリフラワーなどの野菜。シジミ・はまぐり・あさりなどの貝類・たこやいかなど。
5.   主にアセトアルデヒドの分解促進には:ゴマ・ナッツ・鶏胸肉・ひまわりの種・卵・豚肉(赤身)

まとめ

いかがでしたでしょうか?二日酔いは出来る限り回避したいもの。お酒に弱いなと思ったら早目の対策が大事です。そして、楽しい酒席へGO!!!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です