神田沙也加は声優上手い?出身専門学校や評価は?先生は?

出典:神田沙也加オフィシャルブログより

神田沙也加さんと言えば、神田正輝さんと松田聖子さんのお子さんとして、説明不要だと思いますが、最近は色々な活動をしていますよね。最初は歌手活 動をしていましたが、舞台に自分の活躍の主戦場を移して、存在感を出していますよね。あと、数年は声優として活動していることが多いです。昨年の『アナと 雪の女王』で日本語版吹き替えでアナ役を担当したことで知った方も多いと思います。で、実際のところ、神田さんの声優はどうなの?って思っている方もい らっしゃるかと思いますので、今日は様々な角度から調べてみました。

なぜ声優?

おそらく前から神田さんを知っている普通の人も、アニメが好きで声優に思い入れのある人も、声優活動をするという報道が出た時に「なんで!?」と思ったと思います。筆者もそう思ってました。その理由について、インタビューで以下のように答えていらっしゃいます。

ア ニメーションもゲームも好きでしたし、自分が前に出て”女優です””歌手です”というより、裏方気質の方がいいんです。今は声優さんも顔出しが当たり前 になっていますが、私が子供のころはまだ声優さんはあまり表には出てこない未知の存在で、そういう意味でもワクワクしていたので、そんな風にどんな人だろ うって想像力を膨らませられる声優になりたいって思ったのが、一番最初に志したものだったんです。

出典:http://news.mynavi.jp/articles/2014/07/19/anayuki/

元々 裏方気質というのと、アニメやゲームが好きだったというのが、根っこにあったようですね。あと、他の記事で読んだのですが、やはり歌一本だと偉大な母親と 比較してしまうとおっしゃってましたので、そういうことも影響したのでしょうね。高校を卒業したタイミングで一度芸能活動を休止していたことがあるらしい のですが、そのときに「一つのジャンルを極めたい」という想いがあって、まずは舞台に取組んだそうです。で、女優業と共に声優にも取り組んでいきたいと事 務所に要望を出していたところ、念願かなって並行して声優学校に通うことになりました。

どこの声優学校に通ってたの?

senmon1

出典:dwango creative school HP

で、 通っていた声優学校は、dwango creative school。ドワンゴの子会社で、2011年に設立されていますね。社長は、5pb.の志倉千代丸さん。同人系でもありますね。そこのプロクラスを卒業 されたとのこと。プロクラスはプロダクション所属の人しか通えないそうです。

sp1

学校のHPを拝見すると、以下の告知を見つけました。

プロクラス生の神田沙也加さんが声優デビューしました!2012/07/06

プロクラスに在籍している神田沙也加さんが、
テレビ東京系『貧乏神が!』で声優デビューしました♪

お嬢様キャラで新境地開拓?!
みんなで沙也加さんを応援しましょう!

出典:http://www.d-cs.jp/topics/detail.php?id=77

神田さんも普通の卒業生と同じように紹介されていて、ちょっとギャップが面白かったです。

で、そのときの先生が声優の速水奨さん。しゃべくり007で再会したときの音声がアップされてましたので、紹介します

声優としての評価は?

神田さんが声優活動に関しては、やはりアンチもいたりして、色々と書いている人もいるようですね。

・言うほどではないだろ…異様に持ち上げられてるな…

・たぶん、何やってもみんな同じになるだろう  あれ以外のキャラじゃやっていけないと思う

・別に声優に引き入れる必要ないと思うけどね
今のアニメの大半は深夜放送でさらにその大半は萌え豚向けのゴミアニメばっか
それこそアナ雪みたいにメジャーなタイトルで力の入った作品のときに呼ぶとかで十分だろ

出典:http://koebuta.ldblog.jp/archives/40704189.html

ネットだからというのもあるのでしょうが、あまり好意的ではないですね。書き込んでいる層がやはり声優ファンということで、よそ者が入ってきてなにをしているの?っていう気分になるのでしょうね。

そういう声を跳ね返すかのように精進をしていた結果なんでしょうが、神田さんは「第9回声優アワード」で主演女優賞を受賞します。作品に恵まれていたというのもあるのでしょうが、やはり舞台での経験と声優としての努力の賜物だと思います。ネットでは、

「本職声優じゃねーじゃん… 声優から選べよ」「神田沙也加さんは嫌いじゃないが、認めません」

という声もあったそうですが、大勢は神田さんの声優ぶりを評価していると思います。アナ雪はディズニーですから、さすがに話題性とかだけでキャスティングはしないと思いますし。今後の声優活動を充実させていけば、こういったアンチの声も無くなってくると思います。

まとめ

偉大な両親を持って最初は苦しんだかと思いますが、自分の立ち位置を自ら切り開いていく姿勢は学ぶべきものがあると思います。色々と噂されている彼氏もいると思いますが、公私ともに親を気にせず頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です