かつら疑惑の石田純一の名言・迷言集。不倫は文化以外にもある?

出典:ダイヤモンドセレクト 「ダイヤモンドQ」 2015年 5月号 [雑誌]

俳優というよりも、最近ではタレント化している石田純一さん。しかし、世間から注目されることも多かったせいか色んな名言や流行語を残してしまいました。今回はそんな石田さんを掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 石田純一〈本名 石田太郎〉
  • 生年月日 1964年1月14日
  • 出身地 東京都目黒区
  • 血液型 A型
  • 職業 俳優 キャスター タレント

石田純一はかつら?

石田さんが、かつら着用を告白!?そう考えたのですが、これは2014年の舞台制作発表でのこと、舞台のスポンサーにアデランスが絡んでいて試にかつらを装着し登場あっさりとかつらを認めたというのがこの話題の始まりです。

しかし、年齢から考えても少し髪が寂しいことは否定できません。しかしながらかつらを装着しているかというと、かつら装着は恐らくないというのが答えです。何をやっても話題になる石田さんだからこその話題だと感じました。

名言・迷言集。不倫は文化以外にもある?

石田さんというと、避けて通ることが出来ない言葉があります。それは『不倫は文化』。これも石田純一が自分で話したものではなく、取材の中でスポーツ新聞の記者が売上部数を伸ばすために作った造語です。

事実関係を知らない我々は、石田さん発信の言葉だと理解していましたが、実際は違いました。確かにこの当時モデルの長谷川理恵さんとの不倫関係があり、スキャンダルとして世間から一気に注目を浴びている最中の出来事でした。

これをきっかけに石田さんは、一旦仕事を全部失ってしまい、停滞期に張ってしまいました。さて、この他にも名言または迷言はあるのでしょうか?

sp1

今回この名言・迷言を調べてみたのですが、石田純一という人は相当な自信家であることが伺えました。まずは女性についての名言『女性を笑わせた数だけベットに近づける』これは自分で書いた書籍の中の一文です。詩人のような事を書くものですねと感心しました。まるでパンチャッタジローラモさんのような人だなと考えます。

常に女性を口説くために言葉を考えているとしか思えませんでした。

次は人生に対する名言です。『婚活は人生で一番大切な営業』これはとあるイベントでの発言です。文字で書くと最もらしいのですが、石田さんの声で聴くと言葉が透けてしまい、途端に言葉の重みを失ってしまうので、あまり人の心には残らないかもしれないのですが、この名言には芯なりというところはありますね。

続いては迷言です。『二兎追うものは三兎目が出てくる』これは気になる女性を二人追いかけていると気になる三人目が出てくるというモテ男ならではの迷言ですね、モテない男の人や女性には「はぁー」というような内容です。

いくつか紹介しましたが、この他にもいくつもあります。興味のある人は探してみると面白いですよ

まとめ

今現在プロゴルファーの東尾理子さんと結婚中ですが、そのような状態にあっても常に異性にもてたいと考えている男、それが石田純一という事が今回この記事を書いて思った感想です。

今後も、モテ関連の発言や不倫の可能性もあると思うまたそれを期待させる面白さがありますね今後もイベント等に登場のたびに見て行きたいひとりです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です