大桃美代子も手術した、若年性白内障の症状や原因、治療法について。アトピーに多い?

白内障というと、年配の方の病気というイメージがありますよね。うちのばあちゃんもそういえばなってたなーということくらいしか印象にありませんで した。そのときは、うちのばあちゃんは80歳くらいだったと思います。その白内障なんですが、若い人でもかかってしまうらしいです。今日は若年性白内障に ついて調べてみました。

若年性白内障の症状

基本的に年配の方の場合と変わらないらしいですが、最終的には視界が白濁し てしまいます。常にサウナの中にいるような見え方になってしまうようです。自覚症状としては、「明るい場所でまぶしさが尋常じゃなくなる」「目がかすむ」 「視界がぼやける」が出てきます。若年性の場合、年配の方と違うところは、その進行速度がとてもはやいです。日に日に視界が濁っていくような感覚だそうで す。コンタクトをしている人などは「コンタクトがあってないのかな」とかと勘違いしてしまう人もいらっしゃるようですが、おかしいと思ったら早期に眼科に 行った方がいいですよね。

若年性白内障の原因

若年性白内障の原因としては、目のけがや手術、糖尿病やアトピー性皮膚炎など、既に発症しているけがや病気などと併発するパターン、遺伝、副腎皮質ホルモン・ステロイド剤・抗精神病薬放射線や赤外線照射、などの副作用が原因と考えられていますが、特定は難しいようです。

目の水晶体を作っているたんぱく質が酸化することで白濁するのですが、その原因が活性酸素と言われています。活性酸素は毒性が強く、既存の正常な組織を破壊していきます。

sp1

活性酸素を多く出してしまう最大の要因が、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、運動不足とのこと。このような生活は若年層に多いので、若年性白内障が増えているそうです。

タレントの大桃美代子さんも若年性白内障にかかられましたよね。発症当時大桃さんは例の山路徹さんと麻木久仁子さんとの不倫騒動の渦中でしたから、まさにストレスがかかったパターンですよね。スポニチの記事にコメントがありました。

右目水晶体の中央部に白濁が生じ「右目はほとんど見えない。一番見たいところが白くなって見えない」と症状を説明。医師からは「ストレスが原因かもしれない」との診断を受けたといい「あの時は物凄いストレスだった」

アトピー性皮膚炎の人の発症が多い?

また、アトピー性皮膚炎の人の白内障はアトピー性白内障と言われますが、アトピー性皮膚炎の人はどちらかというと、若年層に多いので、これも若年性という意味で発症例が多いのでしょうね。

顔に現れたアトピーの炎症による強い掻痒感に耐え切れず、叩く・こするなど、外部からの損傷が白内障を引き起こす要因

出典:白内障のいろは

治療方法は?

初期のものであれば、目薬で進行を遅らせることが出来るそうですが、基本的には手術し かないようです。手術によって濁った水晶体を人工の眼内レンズと交換すれば治るとのこと。目の手術ということで不安かもしれませんが、手術の方法も確立さ れている分野らしいので、安心して受けられますね。不安な方は、ネットには若年性白内障にかかった方の体験記もいくつかあがってたりするので、それを チェックするのもいいかもしれません。とにかく、おかしいと思ったらすぐに眼下にいくことを進めします。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です