杉咲花の本名。母がNOKKO?父は?身長やカップは?演技力がすごい!?

出典:B.L.T.U-17 Vol.28 (TOKYO NEWS MOOK)

ぐっさんとのCMで知っている人も、居るかもしれません。あのCMでは父と娘がマーボーナスを取り合う微笑ましいCMづくりとなっており、食欲をそそられる人も少なくないと思います。 今回は杉咲花を掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 杉咲花
  • 生年月日 1997年10月2日
  • 血液型 B型
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー 女優

杉咲花の本名は?母がNOKKO?父は?

杉咲花さんの旧芸名は梶浦花恐らくこれが、本名なのではないか?と思われます。そして芸名を変更して今の芸名で活動を行っています。本名だと仮定したならば意外と普通の本名だなと感じました。

また、杉咲花さんの母親と父親ですが、母親はチエカジウラという人で、アニメマクロス7の劇中歌を歌ったことでも知られており、歌手デビューは1995年と意外と最近であると思われています。

また、声優全編を担当したわけではなく、声優部分の担当は櫻井智、歌部分をチエカジウラが担当しています。因みにそのキャラクターは、ミレーヌジーナスでファンの間では歌ジーナスと呼ぶファンも存在します。

父親は、ダイヤモンドユカイがボーカリストを努めていたハードロックバンドレッドウォーリヤーズのギターリスト小暮武彦さんです。しかし3回結婚しており、最初の奥さんはレベッカのボーカリストNOKKOであり、二人目がチエカジウラ、三人目については詳細が不明です。

杉咲花さんは、二人目の奥さんチエカジウラさんとの間に生まれた子供でありますが、まだ杉咲花さんが3歳の時に離婚となったため覚えているかどうかはイマイチよくわからないようです。

身長やカップは?演技力がすごい!?

身長はテレビで見ると、小さそうに見えますが152㎝です。芸能界はスーパーモデルのように170センチオーバーの女性タレントやモデルも多く存在しますが、逆に小さいモデルというのも需要があります。

sp1

その理由として、世の中の一般女性が小さい女性が多く、スーパーモデルみたいな体系の女性が着た服を自分で着ようと思っても似合わないという事もあるため、背の小さい女性モデルというのも必要枠という訳です。

152㎝のタレントというと、元AKB48の大島優子さんや重盛さとみさんなどがいるようです。テレビではあまり一人で映ることも多くないので背の小さいことがピックアップされることは多くありません。

そのため、テレビを見ている視聴者はあまりその事実に気づくことは多くありません。

次に注目されているのがカップ数ですが、インターネット上ではBカップが態勢を占めております。そのため推定ではありますが、Bカップという事になりますね。やはり背も小さいのでそれなりのバランスの良いカップ数だと感じました。

最後に注目されているのが、演技力でこれがすごいと評判になっているのです。キャリアとしては子役からたたき上げでキャリアを積み重ねているためそれなりの演技を出来るものです。

しかしそこを突き抜けた演技が出来るかどうかというのは、その人の天性の才能という事になりますね。杉咲花さんは芸能活動を始めた当初スターダストプロモーションで芸能活動をしていましたが、辞めた後研音という事務所に移籍しオーディションに受かり女優としてのキャリアを積み始めました。

女優を本格的に志し始めたのは、中学生のころからと言います。当然子役からスタートして夢の着地点としては当たり前かと感じましたが、杉咲花さんもそんな夢を抱いたようです。

ソーシャルメディアでも演技については賞賛の嵐が吹いていると言っても過言ではありません。一度その演技をその目で確認して頂きたいと思います。

まとめ

今回は、杉咲花さんについて触れてみましたが、CMでのイメージが強すぎて演技にあまり注目しないで来てしまったと感じました。今後は演技にも注目してみて行ってみようと感じました。

また、10代という年齢もありますので色んなことを吸収し成長できる大切な時期だと感じます。例えば本を読んでおく、映画を見ておく、言ってない所へ出かける等自分を成長させる行動はいくつもありますので色々と体験してほしいものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です