星野源の病気の原因は?後遺症や再発は大丈夫?

出典:サウンド・デザイナー 2015年 06月号

歌手俳優として活躍している星野源さん、少し働き過ぎたのか?病気を発症してしまい一時は復活できないのではないかと思われていましたが、処置が早く復活することが出来ました。今回はそんな奇跡の復活を遂げた星野源さんを掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 星野源
  • 生年月日 1981年1月28日
  • 出身地 埼玉県 蕨市
  • 血液型 AB型
  • 所属事務所 アミューズ 大人計画事務所
  • カテゴリー ミュージシャン、役者、エッセイスト

星野源の病気の原因は?後遺症や再発は大丈夫?

2012年星野源が病気で倒れたそんなニュースが、世間を駆け巡りました。その病気はくも膜下出血で一昔前なら即死を覚悟しなければならない病気で、発症したら助かるケースはとても低いと言われていました。

星野源さんの場合は、レコーディング終了後に倒れ救急車で搬送されるほどの重篤な状態だったようで、判断や処置が遅くなっていればどうなっていたかは解りません。という状態のようです。

実際手術を担当した主治医は星野源さんに、絶対助かりますと宣言したようですが、本当は、後遺症などの事も含め全快するケースはとても低い症例のようでその後3日間眠ることが出来ず襲ってくる痛みと戦い早く死んでしまいたいと思ったようです。

病との戦いを終えて一時退院をしましたが、くも膜下出血の手術をした箇所の回復が万全ではなく、2013年6月に再発し再び入院しました原因は一度目の手術が上手く行かずそれに伴い再発してしまったようです。それにより武道館ライブを飛ばしてしまいファンを心配させてしまいました。

sp1

誰でも発症する可能性があるくも膜下出血で、特に40代が発症しやすいと言われていますが、原因は、脳動脈瘤の破裂が多く脳動脈の奇形から起こる出血や交通事故などによるくも膜下出血発症が主で例え助かったとしても障害が残り元の生活に戻るケースは少ないほどです。くも膜下出血の予兆は、頭をハンマーで殴られたような痛みを感じ今までには経験がないような痛みを感じるようです。それと同時に吐き気やおう吐などを訴えて意識が無くなるケースもあります。

原因は、日常生活に気をつける事しかありません。喫煙や高血圧、コレステロールの上昇などを意識して管理しなければいけません。そのためには脂っこい食べ物やアルコールなどを控える事や定期的に脳ドックや健康診断を受けてメンテナンスをするようにすれば自分の脳の状態が解ると思います。

星野源さんの場合は、多彩な才能と処理する仕事が多すぎて不規則な生活をしていたため

ストレスと疲労が溜まり、その結果として病気を発症してしまったものだと思います。

後遺症も出る事は無く順調に療養を重ねて現在は芸能活動を再開しています。

まとめ

色んな病気を発症し話題になる芸能人が沢山いますが、くも膜下出血からの復活というのは奇跡に近い訳です。過去にもプロ野球のグランドで倒れそのまま帰ってこなかったケースなどがありますのでそれを考えればどれだけの奇跡が積み重なっているのかが理解できると思います。

神様からもらった命であることは間違いないと思います。そして星野源さんはまだまだ表現者として、やらなければならないことが沢山あるという事が証明されていると思います。星野源さんの中で死生観がどのように変化し、それが演技や音楽の中に投影されるのかを見て行きたいものです。

仕事内容は関係なく、誰もが体を、定期的にメンテナンスを行う事がとても大切であることが今回のケースで世間に、考えさせる事が出来たと思います。しかし人間は健康な時には気付かない悲しいいきものでもあります。

どれだけ健康でいられる時間を長く、保つことが長生きするコツであると思います。

それも自分の意志で何処へでも行けて、好きなことが出来る事が健康の最大の価値です。

星野源の本名。高校や大学は何処?性格はどんな感じ?演技力は?

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です