初めての一人暮らし!費用や必要なものの一覧をまとめました。

一人暮らしを始めるのに、どのぐらいの費用がかかるのか、何が必要なのかと疑問が湧きます。そこで今回は初めての一人暮らしに必要な費用や必要なものをご紹介したいと思います。

初期費用の内訳

初期費用には何がどのくらいかかるのかをまとめました。

  • 部屋の賃貸契約費用   10万~30万(多めに見積もって)
  • 引っ越し費用   大体同じ県内で3万円くらい。
  • 家具の購入など  例えば、テーブル、棚、食器などで5万円くらい。
  • 家電の購入など  例えば、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などで10万前後。
  • 日用品など    例えば、カーテン、寝具、調理器具などで5万くらい。

ここで必要なものもご覧頂けるかと思います。

<部屋の賃貸契約の内訳>

敷金、礼金がとありますが、案外部屋の賃貸契約ってどういう項目になっているんだろうと思われると思います。その項目を挙げてみますね。

  • 敷金・礼金…家賃の2か月分くらい。貸主さんへの担保やお礼のお金のこと。
  • 仲介手数料…家賃の1ヶ月分くらい。不動産会社への手数料のこと。
  • 損害保険料…損害保険が必要な所もあります。それぞれです。
  • 日割前家賃…入居可能日から次回家賃支払い日までの家賃のこと。
  • 日割共益費…入居可能日から次回家賃支払い日までの共益費のこと。
  • 日割駐車場費…入居可能日から次回家賃支払い日までの駐車場費のこと。

なるほど、初期費用はかなりかかりますね。大まかな最低な費用としても50万円を考えていたら良いかと思われます。地域にもよりますので70万くらいを準備していたら大丈夫かと思います。自分を考えた時にそんなにかかったかなと思ったのですが、場所と時代背景があったので今と昔では違うなと実感します。

<引っ越しの費用>

引っ越しにはいくらかかるでしょうか?こちらのサイトからの引用文を記載します。

引っ越し会社を利用する場合、料金の内訳は「運送料+人件費+梱包料+保険料」となっています。荷物の多さによって代金は違ってきますが、一般的な大人一人の引っ越しで3万~5万円程度、大人二人で5万~8万円程度です。

出典:http://www.athome.co.jp/contents/reading/sumikae-kariru/buget/removalcost/

各社毎に見積もりは違うので、何社か見積もりをしてもらうことをおすすめします。



sp1

必要なもの一覧

・冷蔵庫 ・洗濯機 ・電子レンジ ・炊飯器 ・テレビ ・掃除機

・エアコン ・アイロン、アイロン台 ・電気ポット ・照明 ・ドライヤー

・ベッド ・テーブル ・食器棚 ・収納家具

・コンロ ・寝具 ・カーテン ・カーペット ・タオル ・包丁、まな板

・食器 ・お箸、スプーン ・フライパン、鍋 ・おたま、しゃもじ

・ざる、ボウル ・米びつ ・ラップ ・調味料 ・油 ・ゴミ袋

・シャンプーなど ・トイレットペーパー ・ティッシュ ・ハンガー

・トイレ掃除用具 ・お風呂掃除用具 ・洗剤類、洗濯ばさみなど

・物干しざお ・医薬用品 ・爪切りや耳かきなど

カーテンは引越し日、他を何もしなくてもこれだけはかけましょう。他からの目をシャットアウトしなければいけません。それと後は寝具の確保。この2つで一応その日はゆっくり眠って引っ越し作業に備えましょう。

あれば便利と思われるものは・・・

・こたつ ・目覚まし時計 ・やかん ・缶切り、栓抜き ・コロコロ

・バスマット ・扇風機 ・懐中電灯 ・自転車 ・インターネット

・飲料水

水道水が始めのうちはどうかわかりませんので、準備しておいた方が良いかもです。

しばらくしたらソファとか自分のお城である部屋を整えていくといいですね。

あとがき

ごくごく簡単な準備するものとして、ギュッとまとめてみました。この中でお引越しされる方はチェックしていくとよろしいかと思います。初期費用のところも自分の場合を当てはめてみてチエックしてみて下さい。新しい生活の始まりは、スムーズに物事を進めたいものです。準備万端で快適生活を!

【楽天市場】一人暮らし家電セット

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です