上沼恵美子の旦那や息子は?テレビやラジオはいつ引退する?

出典:上沼恵美子のおしゃべりクッキングテレビテキスト特選保存版 2 人気投票で選んだ100レシピ〈2012年放送分〉 (GAKKEN HIT MOOK)

上沼恵美子さんというと、関西と関東ではイメージが違うと思います。関西では未だ勢いが衰えない歯に衣着せぬ毒舌司会者、関東ではお昼に料理を作っている面白い人そんなイメージを抱いているかもしれません。

今回は、地域によりイメージが違う上沼恵美子さんを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 上沼恵美子
  • 生年月日 1955年4月13日
  • 血液型 ?
  • 出身地 兵庫県
  • 所属事務所 上沼事務所
  • カテゴリー 元お笑い芸人、歌手、タレント

上沼恵美子の旦那や息子は?テレビやラジオはいつ引退する?

上沼恵美子さんは、当初お笑い芸人でした。それも姉妹で海原千里・万理のコンビ名で7年間活動していました。元々千里(上沼恵美子)さんが中学卒業後に海原お浜小浜に弟子入りしました。

その頃姉である万理さんの相方が失踪し、相方不在となってしまいました。その穴を埋める形で千里と姉妹漫才コンビを組むことになり、海原千里・万里が誕生します。1970年代は、人気漫才コンビとして時代を席巻しました。

では、プライベートにもう少し切り込んでいきます。テレビを見ているとたまに出てくる旦那さんの話、そんな旦那さんとはどんな出逢いをしたのでしょうか?その出逢いは1975年遡ること結婚の2年前、旦那さんが制作を担当した番組『日曜ドキドキパンチ』で知り合い交際を始め、1977年関西テレビの上沼真平氏と結婚しました。

この結婚をキッカケに芸能界から引退を選択、家庭の主婦として一年間生活をしていました。しかし、専業主婦に退屈を感じた上沼恵美子さんは、夫に対して『芸能界に復帰したい』と訴えました。

すると夫から出た条件は、『仕事をする範囲として、西は姫路 東は京都まで』との約束を結びました。上沼恵美子さんはこの約束を受け入れ、関西圏のみでの芸能活動を行う形となりました。

sp1

そのため東京や地方ローカルでの仕事を取らない形でスタートさせます。関西圏に身を置きながら、全国ネットの番組にも出演をしていたため徐々に人気が上がり始め、東京で収録する大河ドラマの出演のオファーや、バラエティーが来るようになりましたが全て断り、旦那さんとの約束を守り続けたようです。

そんな中で、上沼恵美子さんが出演していた笑福亭仁鶴司会の『バラエティー生活笑百科』や関西での活躍が認められ始め、1994年NHK紅白歌合戦の司会の仕事が舞い込んできました。上沼恵美子さんは旦那さんにお伺いを立てたようですが、応援する側に回ってくれたようです。しかしながら基本的には奥さんには家庭に入ってほしいというスタンスの人だったようです。

上沼恵美子さんには、お子さんが二人おり2015年秋に長男、次男揃って結婚を決めたようです。長男の仕事は上沼恵美子事務所を手伝っており、今回の結婚まで20回以上お見合いをしたようです。

次男は、東京で構成作家をしており芸能界で仕事をしているようです。お義母さんとしての上沼恵美子さんは両方のお嫁さんと丁度良い距離を保って接しているようです。

上沼恵美子さんは2016年冬現在、テレビ3本、ラジオ1本をレギュラーとして抱えています。2015年秋に関西で放送されたドキュメンタリーの中で、もうカウントダウンに入っていると引退について語っています。本人がこう答えるという事は近い将来マスコミから姿を消す日も遠くないかもしれません。

まとめ

関西の女帝と呼ばれ、毒舌が売りの為イメージはそんなに良くないですが、あくまでもこれはテレビ用のパフォーマンスであり、本来は優しい人間性を持っているのかもしれませんね

関西ローカルの番組が現在は主ですが、他県や関東では独立UHF局などを通じて上沼恵美子さんの番組を見る事は出来ます。そのため関東や他県にも少なからずファンがいます。

しかしながら、毒舌は衰える事を知らないように見えます。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です