河北麻友子の性格。嫌いの理由は?英語は上手いが演技力はイマイチ!?

出典:空の境界 [DVD]

河北麻友子さんは、帰国子女で少し世間と感覚がずれています。しかしながら、顔が可愛いため売れています。また、今年は独立U局や一部民放で放送されているドラマにも主演しています。

実際はセレブ育ちなのかもしれません。今回は河北麻友子さんを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 河北麻友子
  • 生年月日 1991年11月28日
  • 出身地 アメリカ合衆国
  • 血液型 O型
  • 所属事務所 オスカープロモーション
  • カテゴリー モデル、女優、歌手

河北麻友子の性格。嫌いの理由は?

海外で生活すると、日本で生活するように周りに気を使い歩調を合わせる方法では生き残ることは出来ません。そのため自分は、ここにいる何かが欲しいとしっかり意思を表明する必要があります。

海外で育ち、日本のある意味では良いところでもあり、悪いところでもある部分が、理解出来ないまま振る舞うので軋轢を生んでしまいます。そのためアイツは生意気だと言われるようになるのです。

河北麻友子さんも、文化の違いが理解できないまま振る舞っている訳です。そのため仕事でも周りと、かみ合わずに嫌悪感を与えているようです。2013年晴れ着での記者会見の席上記者から「2013年を振り返るとどんな年でしたか?」と聞かれ、「その質問はあまり好きじゃないです」と返し少し変な空気感がその場を包んだようです。

これも、物の言い方次第で良い回答となりますが、この返し方ではインタビューした方も困ってしまいます。やはり感覚の違いですね。性格的には、物おじしないのは良い事です。が、時と場合を選ばないとダメですよね。

基本的には、好きと嫌いははっきりと別れブラックユーモアな笑いが好きな人には、彼女の存在は面白く映り、そうでない人には嫌悪感の対象になってしまうようです。

sp1

英語は上手いが演技力はイマイチ!?

河北麻友子さんの英語力は、ネイティブスピーカーと同じもしくはそれ以上です。そのため、日本国内で英語教育を受けている人たちには、聞き取ることが出来ないかもしれません。

生まれた時から近くにある言葉が英語なので、自然の流れで手に入れたものですから、上手くなるのは仕方がないですよね。その分日本語はまだまだ勉強がいるのではないか?と感じました。特に丁寧語位は習得が必要だと思いますね・・・

河北麻友子さんは、今まで舞台、ドラマを経験してきましたが、2016年1月から主演を努める『白鳥麗子でございます』の主演に抜擢されました。このドラマは今までブレイク前の女優が主演を努めてきました。

初代は、鈴木保奈美、2代目は、松雪泰子いずれもそれまで女優としては、主演を張れるタイプではありませんでしたが、その後ブレイクして行きました。ある意味では河北麻友子さんにもそのチャンスが訪れたと言っても良いですね。

しかし、放送されている地域が限定されており、視聴するのが難しい地域もあるかもしれません。さて演技の評判はどんなものでしょうか?まず、体型は痩せすぎであることが指摘されています。

フジテレビで放送された、アンダーウエアで桐谷美鈴さんと並んだ際、桐谷さんよりも痩せているので痩せすぎであることと、演技ではなく河北麻友子がそのまま出てしまっていると言った評判が広がっています。

まとめ

顔が可愛いだけに、もう少し態度が日本寄りに変わるとブレイクする可能性があります。

今のままの感じで、テレビに出演しているとそのうち消えてしまうかもしれません。やはりあまり当たり障りがあると、嫌悪感しか生まないので謙虚さを、覚えると良いかもしれません。

今後については、どうなって行くのか正直楽しみです。年齢の若いうちは可愛いというだけでオファーがあり、マスコミは相手にしてくれますが、ある程度の年になった時にはオファーが減る事だと思います。

そこを避けて上手く立ち回れるかどうかが今後のポイントですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です