JSB岩田剛典の性格やドラマでの演技力の評判は?

出典:3代目 j soul brothers 岩田剛典 2016年 フォトスタンドカレンダー

岩田剛典さんの家族などはとてもお金持ちで御曹司であることが解りました。では、今度は岩田剛典さんの性格や演技について掘り下げて行きたいと思います。

プロフィール

  • 氏名 岩田剛典
  • 生年月日 1989年3月6日
  • 血液型 B型
  • 出身地 愛知県名古屋市
  • カテゴリー パフォーマー
  • 所属事務所 LDH

JSB岩田剛典の性格やドラマでの演技力の評判は?

岩田剛典さんの性格は、言い表すと優しくて穏やかであり礼儀正しい、一本筋の通った男。

典型的なモテるタイプの人ですよね。上下関係が厳しいLDHの中でも可愛がられている感じの立ち位置のようです。

また、ファンに対する対応も握手などを求められたら気軽に応じるようです。芸能人の場合は、テレビの前だけ良い人でギャランティーが発生しないところでは態度が悪い人が良くいますし、そんな呟きをソーシャルメディア上で見かけます。

でも、そんな芸能人は裏方にいるスタッフにも受けが悪いので、時間が経てばそのうち消えてしまうようです。人間の性格はそんなに変わらないのでスタッフに対しても上目線で接して消えて行くでしょう。

話は少し反れましたが、一部では天然キャラであるというエピソードが転がっています。

性格的にはがさつだという話もあり、ダンス練習後の練習着をそのまま鞄に入れてしまい、購入したパンをそのまま捨ててしまったことや値札が付いたまま帽子をかぶっていたなど色々と探せばまだまだありそうです。容姿と繊細さはあまり関係ないという事は頭の中で解っているのです。

しかしながら、容姿がカッコイイとすべての行動もパーフェクトにこなせるものだと勝手に思い込みがちですが、それは勝手な思い込みに過ぎず実際は全く違うという事があるようです。岩田剛典さんにはそれが当てはまりますね

岩田剛典さんは普段パフォーマーですが、役者の仕事も行っています。演技力はどうなのでしょうか?ドラマへの出演経験が乏しいのでまだ、演技の上手いヘタを判定するのは酷かもしれません。

sp1

しかし役者としては、フジテレビで放送されたディアシスターの中で、キスシーンを経験しました。ファンの人にはあのキスシーンをどう受け取ったのでしょうか?ああいったシーンはこれといった演出は無く自由にやって良い事になっているケースが多いようです。

見る限りではナチュラルにできていたと思いますので、普段の生活でもよい恋愛をしているのだと感じました。また映画クローズでは完全に役柄に入り込み成りきっていたようです。

スクリーンの中には、岩田剛典の姿は無く完全に演じている形になっています。概ねインターネット上では評判は良好です。パフォーマーという仕事柄何処かで演技とも通じる部分があり、感覚が良いのかもしれません。

俳優としては、大俳優の中尾彬さんがバラエティーの中で語っていましたが、一般の視聴者に演技している役柄と本来の自分を混同してもらえたら役者としては良い仕事が出来たという事になるという話でした。

つまり、良い役をしていたらいい人と思われること、悪い役を演じたら悪い人間と思われる事のようです。岩田剛典さんはそれが今回上手くできたという事ですよね。

まとめ

今回は、岩田剛典さんの人間性を見て行きましたが、天然な性格でモテ男そしてファンにやさしいという事が良くわかりました。天然の部分というのはもう修正できないかもしれません。

しかしドラマの仕事に就いては今後も来るかもしれませんね。どんな役柄が一番合っているのでしょうか?昔、草なぎ剛が演じた『いいひと』みたいな全く全然違う役柄をやってもらうと面白いと思います。

ダンスについては、LDHでレッスンを受けているほか、昔の友達のところへ今でも時々行ってダンスレッスンを受けているようです。そこで新しいステップを習得し仕事に生かしているようです。

総合的に見ると、人間性が良すぎる感じがしますね。

JSB岩田剛典のプロフィール。実家・兄弟・身長は?大手の内定を蹴ったって本当?

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です