料理研究家渡辺あきこのプロフィール。息子は?教室に通うには?

出典:NHKきょうの料理番組HPより

きょうの料理や、東大合格ごはんで知名度が上がっている渡辺あきこさん今回は多方面から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 渡辺あきこ
  • 生年月日?
  • 血液型?
  • 出身地?

プロフィール。息子は?教室に通うには?

まず、大学卒業後に料理研究家の土井勝さん主催の学校で講師として8年間勤めていました。しかし、1995年に土井勝さんが亡くなってしまい、その後フリーな立場で活躍を始めました。

渡辺あきこさんが、提案する分野は家庭料理です。家庭料理は普段の生活の中で食事をし、人間の基本ベースを作る大切な一部です。そのためNHKのきょうの料理などで提案しているメニューは家庭で調理して食べる事が出来るものばかりです。

そのため今日の献立に迷った際は、参考にできるレシピばかりです。今後もそういった観点から、提案をし続けて行く事でしょう。また、これだけ料理をテレビの料理番組で提案していると料理教室に通いたいところです。

しかし自身で料理教室は主催しておらず、食品メーカーや団体の主催する料理教室イベントで、応募者相手に料理を教える状況です。テレビに出演しているため知名度が高く、どの会場でも定員に近いほど集まるようです。

渡辺あきこさんの料理を習いたければ、定期的に食品メーカーが開くイベントをネット検索で見つけるか?書籍を購入するしかないようです。確かに人気料理研究家ですので料理教室を開校すれば生徒は沢山集まりそうですよね

しかしながら、渡辺あきこさん自身にそういった考えがないのか今のところやる予定はありません。また渡辺あきこさんというと、息子さんのために毎朝作ったお弁当書籍が話題となっています。

タイトルもズバリ、『東大合格ごはん365日受験生の母ができること』というものです。

渡辺あきこさんの息子さんは、公立高校から東京大学に入学し出版当時、2009年は既に息子さんは大学3年生になっていました。

勿論東京大学に入学するためには、色々な環境整備が必要です。つまり勉強と一対一で向かい合う環境や規則正しい生活、渡辺あきこさんの息子さんの場合は食生活を規則正しくする事で東京大学に向けて一直線に走って行ったようです。

この書籍は、一見東京大学合格本みたいに見えますが、母親として息子にしてあげられる最大の愛情表現を弁当という形で表したものだと思いますね。色々な愛情表現はありますが、必ず届いていると考えても良さそうです。

渡辺あきこの東大合格ごはん―365日受験生の母ができること (セレクトBOOKS)

sp1

まとめ

料理研究家という事は、世間にアピールしていますがそれ以上の活動をしない珍しいタイプの料理研究家ですよね。今後もこのスタンスを貫いて行くのでしょうか?今後の動向を見て行きたいものです。

しかし料理は10人の人間が居れば、10通りの料理があるという事それとジャンル選択によっては沢山の選択肢が存在するという事になります。そのため料理研究家という職業は被ったという事は少ないような気がしますね。

ある意味では料理研究家を標榜したなら、その日からあなたも料理評論家という事が言えますので、明日からでもなる事は出来そうですよね。しかしその前に料理を誰かに食べてもらって喜んでもらった成功体験がないと難しいかもしれませんね。

子供を東大に入れる方法とは、色々あるようです。勿論勉強面のサポートもその一つで

子供の負担のかからない方法で言えば、受験勉強以外の事は全部母親がサポートするという事で非難を浴びる事もあるようです。

しかしその家庭のやり方を、否定も肯定もすることは出来ず、結果として東京大学合格という物が降ってきただけの事と言えます。今後どのようなやり方で子供を東大に合格させたのかという方法論は多種多様へと変化して行きそうですね。

しかし、食生活から東京大学合格を提案したという物はないので、そこが物珍しいものになったのだと思います。

こどもが喜ぶスープジャーのお弁当 すぐに作れてカラダにやさしいから、塾弁にもぴったり!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です