石塚英彦の家族と性格。恵との仲は?ホンジャマカはどうなる?

出典:笑っているよ(DVD付)

石塚英彦さんというと、食レボタレントしてその地位を確立した一人です。最近では知らない人も、居るかもしれませんが、ホンジャマカというグループの一人で恵俊彰とコンビを組んでいます。

今回は、石塚英彦さんを掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 石塚英彦
  • 生年月日1962年2月6日
  • 出身地 神奈川県 保土ヶ谷市
  • 血液型 O型
  • カテゴリー お笑いタレント
  • 所属事務所 ワタナベエンターテインメント

家族と性格。恵との仲は?ホンジャマカはどうなる?

性格的には、テレビとは全然違うという噂です。テレビでは人のよさそうなおデブキャラクターですが、本当の素顔は毒舌の持ち主で、スタッフなどには意外と辛辣な感じで当たって行きます。

総合的には気難しく、自分が気に入らないとはっきりと意見としてスタッフにぶつけるタイプです。しかし本人がバラエティー番組などで話をしています。まあ、いい番組を作りたいという気持ちがそこにはあるのかもしれません。

しかしそれを知らない一般視聴者は驚きを隠せないかもしれませんね、しかしカメラの回らないところで態度の悪い芸能人はかなり多いですが、スタッフが我慢しているため表沙汰にならないだけです。

次に、家族構成に触れて行きますと、結婚されています。子供は息子と娘が一人ずついるようです。奥さんとの出会いは、石塚英彦さんが劇団ひまわり在籍時に知り合いました。

奥さんも同劇団同期生という事で始まった恋でした。

当時から、石塚英彦さんのファンだった奥さん、初デートではアメリカンハンバーグとライスの大盛りをお互いに食べ合う程の大食漢同志だったようです。確かに石塚英彦さんの奥さんは。メレンゲの気持ちで食レポに石塚英彦さんがある街へ行った際偶然カメラに映り込んでしまうというようなことがありました。確かに少し太っていたかなという位のイメージがあります。

次に恵俊彰さんとの仲ですが、二人の仲はどうなの?という事です。相方恵俊彰とは最近仕事をすることは無くなってしまいました。石塚英彦さんはデブキャラという事で食リポタレントの地位を確立しました。

この他では、ミュージシャンや俳優としても活動を行っています。また、オファーがあればそれ以外の仕事も行う事もあります。

一方の恵俊彰さんは、TBSテレビの昼のワイドショーひるおびの司会者として地位を確立し、

sp1

俳優業も熟し、コンビそれぞれ違う場所でそれぞれの立ち位置を確立しています。ホンジャマカとしての活動は、関口宏のフレンドパークが終了してからは行っていないように見えます。

コンビはそれなりに、仲が良かったり悪かったりを繰り返してやって行きます。長ければ長いほどそういう紆余曲折を繰り返していくものです。

ホンジャマカというコンビ名を残しながら、これからも活動をし続けて行く事になると思います。そして、お互いに余裕が出来たならまた、ライブを定期的に行ったりするのではないかと思います。

ファンの人はホンジャマカのコントを見たいと、思っているはずでライブなどを行うとなれば、チケット争奪戦が起こるほどの人気があります。本人たちは未だやる気はないようです。

まとめ

石塚英彦さんは、本人曰くあまり一気にたくさん食べる事が出来ないと語っています。つまりちょこちょこと少しずつ食べる事は出来ますが、ギャル曽根さんのような一気にドカ食いは出来ないという事です。

最近では有名な、飲食店を訪れると石塚英彦さんのサインがあるという位になってきました。逆に石塚英彦さんのサインがないならそのお店はまだ売れていないという事になります。

また、売れる前には当時アイドルとして活動していた立花理佐さんの後ろでバックダンサーを務めていたこともあり、ただのデブタレントではありません。そのためまだまだ隠しているマルチな才能があるかもしれません。

今後も食リポタレントして活動して行くことは間違いなく、食べられる限りやって行く事でしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です