金村義明のプロフィール。面白い野球エピソードや息子の高校など。

出典:元祖いてまえ男金村義明のプロ野球警戒警報!

ラジオやテレビの番組の中では、ネタがありすぎて話す事が出来ないという位に取材を重ねており、一部では野球漫談とまで言われています。もともと関西人という事でトーク力も高く面白い解説者の一人金村義明さん今回は色々と掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 金村義明
  • 生年月日 1963年8月27日
  • 出身地 兵庫県 宝塚市
  • 血液型?
  • カテゴリー 野球解説者

プロフィール。面白い野球エピソードや息子の高校など。

金村義明さんは、高校時代から投手として活躍し、3年の夏に甲子園出場を果たしています。現在は消滅した近鉄バッファローズに、1982年ドラフト1位で入団しました。高校時代は投手でしたが、プロ入りしてからは野手となり当初は活躍できませんでした。

しかし年を追うごとに頭角を現し始め、1986年位からレギュラー選手となりました。1994年まで近鉄でプレーし、その後中日ドラゴンズ、埼玉西武ライオンズに移籍し1999年に現役引退しました。

実働17年間で1262試合に出場し、939安打と成績は残す事は出来ませんでしたが、プロ野球ファンの中には金村義明という名前を刻みこむことに成功しました。引退後は、現役時代の知名度を生かし野球解説者に転身しました。

関西のバラエティー番組を中心に、取材したエピソードと自身の現役時代の体験を上手く取り混ぜて、爆笑を浚える解説者となっています。しかし、実況アナウンサーとの呼吸が合わず喋り過ぎている感があります。

次に金村義明さんのプライベートに切り込んでいきます。依里夫人と1987年に結婚し、3人の男の子がいます。3人も子供がいるのですから、一人ぐらい金村義明さんと同じ道つまり野球をやってないのかな?そう考えて検索してみました。

3人とも一応野球をやっていたようで、長男に至っては高校野球の名門浦和学院に入学したようですが、体罰に会ってしまい野球部を退部し、野球の道を断念したようです。残念なことをしてしまいました。

もし長男の性格と合っている高校に入学することが出来たなら、才能が開花した可能性がありましたが、それは叶わなかったようです。次男については解りませんが三男は野球を辞めた後ゴルファーになっているようです。

金村義明さんというと、在日コリアン三世としても有名で自ら公表されています。本人曰く、在日としての想いを綴りたいそんな思いがあり引退した後書籍の出版を勧められた際野球界の面白エピソードと合わせて執筆したようです。

金村義明選手というと、面白エピソードが付いて回ります。それは現役時代つまり近鉄バッファローズ在籍時代の物が殆どです。エピソードを箇条書きにします。

① 遠征先では朝まで飲んで、不眠の状態で試合に臨んでいました。しかしその方が調子が良く遠征先の方が良く打てたようです。しかし遠征から帰ってきて地元の藤井寺ではその遊びの付けが来て全く打てない大スランプ続きでファンに相当やじられたと言います。

sp1

② 血の気が多い性格のようで、試合中に味方投手が少しでも気の抜けた投球をすると活を入れる意味で野次っていたと言います。これは味方投手を思っての事ではなく試合が終わって飲みに行く事を考えていたので早く試合を終わらせたかったからだと本人が語っています。

また、相手チームのバッターがファールで粘ったりすると、「ちんたら打ってへんと、ちゃっちゃと打てや!!」と怒鳴って審判に注意される等やりたい放題でした。

まとめ

最近の野球選手は、過去の選手と比べシーズンオフに遊んでいる選手は少なくなりました。表面上はプロ野球の公式戦、日本シリーズの日程が終了してもウエイトトレーニングなどの自主トレを行っている選手が増えました。

そのため、選手寿命も上手くすれば20年近くプレーできる選手も存在するぐらいです。

金村義明選手の現役時代は、シーズンが終わるとゴルフとお酒を飲んでキャンプだけを行いシーズンに突入している選手が殆どでした。

良い時代だったと言えますね。

仰木 彬 パリーグ魂

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です