キムヨナの現在。 嫌われ者って本当?世界の評価はどうだったの?

出典:キム・ヨナ [DVD]

キムヨナというと、浅田真央をライバル視してフィギュアスケートをやってきたようでソチ五輪で、浅田真央に勝って銀メダルを奪取して以後、フィギュアスケーターとしての活動を行っていないようです。今回はキムヨナを掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 キムヨナ
  • 生年月日 1990年9月5日
  • 出身地 京畿道 富川市
  • 血液型 ?
  • カテゴリー 元フィギュアスケーター

キムヨナの現在。 嫌われ者って本当?世界の評価はどうだったの?

韓国での、キムヨナは人気があり、テレビCMなどに出演しタレントして活動を行っているようです。国民の妹と言われているようで、彼女がテレビに出ているだけで国民に安心感を与える存在のようです。

フィギュアスケーターとしては、2014年に引退しその後大学院に進学したようです。とても向上心が強く、自分が輝ける新たな場所を探し進んでいく道を見つけたという事になりますね。

しかし一方では別の話もあります。キムヨナが進んだ大学院は、授業に出席さえすれば単位が取れるというものだそうで、オリンピックメダリストだからある意味特別扱いを受けている可能性がありますし、ある意味ではプロパガンダというところもあるようです。

キムヨナについてググったら、嫌われ者というキーワードが候補として出てきました。

どうしてそんなキーワードが出てくるのかと思っていたら、メダルを取って表彰台の上でほかのメダリストは談笑しているのに、キムヨナだけハブされているというものです。

確かに、アジアのフィギュアスケーターを相手にしていないという事なのかもしれませんし、普段からキムヨナがほかのフィギュアスケーターとコミュニケーションをとらない結果そういったことになっているのかもしれません。

また、キムヨナにはルールを守れないという側面があるようで、練習中通常は一方方向に滑ることが暗黙のルールですが、ぶつかることが分かっているはずなのにわざと逆走しぶつかりそうになると被害者面をしていたというものです。

この妨害のせいでリサマイヤー選手は転倒し、ヘルニアを悪化させて手術したようです。

また、浅田真央会見中に携帯を弄って、浅田の席に荷物をわざと置いて会見を妨害する行動を起こしたようです。

こういった自分のことしか考えていない振る舞いが、オフィシャルの部分でハブとなって出てくるという事なのでしょう。常に自分が金メダルを取ることしか考えていないためこういった行動になるのだと思います。根性の悪さが少し、露呈してしまうエピソードだと思いました。

では、キムヨナの世界的な評価はどうなっていたのでしょうか?ここで永遠のライバル浅田真央と比べてみることにしましょう。浅田真央は世界各地にファンクラブがあり世界からも愛されています。

sp1

それに対しキムヨナは、フィギュアスケーターとしても記録したスコアを見ると、浅田よりも高く、フィギュアスケーターとしての評判は高いという事になるのです。演技の正確さやスピード感を考えるとキムヨナの演技力を称賛されるものなのです。

まとめ

韓国は、どうしてもライバル視するのは世界というよりも日本をライバル視する傾向があり、世界を見るよりも日本を目の敵にする傾向があります。今後もこの傾向は強くなります。

例えばサッカーの場合、日本と試合を行うときは日韓戦と呼ばれ、世界の国に勝つよりも嬉しそうに振る舞う韓国人選手がテレビカメラに写っています。

これが今ではいろんな競技に伝染し野球やバレーボールなどにも日韓戦として評されます。

日本は、韓国ほどライバル視してはおらず単なる外国と対戦したとしか思っていないにも関わらず韓国のあの空回りする闘志に退いてしまいます。

やはりこれについても、過去の韓国と日本の歴史が絡んでいるため仕方がないのかもしれませんが、そろそろこういった無駄な争いはやめてほしいものです。

 

Yuna Kim The Queen on Ice (The Classics Best Album) (2CD DVD) (韓国盤)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です