コウケンテツは結婚してる?料理の評判は?どこで食べられる?

出典:コウケンテツ流“家飲み”ごはん (ORANGE PAGE BOOKS)

料理研究家ではありますが、最近はメディアへの露出が減っています。しかしながら料理の腕は、間違いなく今後も活躍を続けていくことは、間違いありません。今回は料理評論家のコウケンテツを掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 コウケンテツ
  • 生年月日 1974年7月14日
  • 血液型 ?
  • 出身地 大阪府
  • カテゴリー 料理研究家

結婚してる?料理の評判は?どこで食べられる?

2009年に、コウケンテツさんのマネージャーをされていた女性と結婚しました。丁度この頃、テレビのレギュラーを抱えており多忙な時期でした。さて奥さんはどんな人なのか?と思ってググって見たのですが、これと言った情報は出てきませんでした。

また、お子さんにも恵まれておりブログでは奥さんとお子さんを時より取り上げているようです。それでは、コウケンテツさんの家族について書いていきます。まずお父さんですが、大阪生まれで韓国で育っていますが、成人を迎えてからはまた大阪に戻ってきたようです。

母ですが、料理研究家で韓国人です。また兄弟ですが三男一女の末っ子だそうでお姉さんは

コウ静子という名前でフードコーディネーターとして活躍されているようです。家族全員が料理に関わる仕事をしているようです。

コウケンテツさんの料理の評判と言うよりも、テレビから醸し出される人間性が好きという人が多いみたいですね。料理のことはあまり書いていませんが、人間性については概ね好評を得ています。

料理の評判が良いというのは、誰もが作れる料理がリリースした料理本に掲載されているからかもしれません。確かに料理は色々とあり、料理教室に通ったとしても家庭料理を教えてくれる教室は少ないのでそういった部分では概ね好評なのかもしれません。

特定の料理教室などは主宰しておらず、どこかの出版社や食品会社などが主催するイベントで登場してくることが殆どのようです。知名度を利用して料理教室を立ち上げるということがありますが、やはり思った以上に上手くはいかないのでしょう。

また、特定のお店というのも経営していないようです。本や雑誌テレビでレシピを参考に自分で作ってみて味を確かめるしか方法は無いようです。

料理に関する仕事をして、テレビや活字メディアなどで活躍する料理家は沢山いますが、お互いにあまりかぶることはありませんから、あの人とは合わないということで料理家が仲が悪いなどとはあまり聴いたことがありません。

やはり、料理という物は個人の主観に頼る部分が大きくアーティストみたいなところが大きいのであまり諍いは起きないのかもしれませんね。

まとめ

在日2世ということですが、元から日本で育っているためそんなに韓国人には見えないというのが、ある程度人気がある秘訣でしょうか?今後も家庭料理がベースということなのでそんなにお金も掛からず、少し料理の心得があれば作ることが出来そうな料理ばかりです。

sp1

逆に言うとだからこそ難しい部分もあるのかもしれません。今後はいかに簡単で美味しい家庭料理が作れるか?というところに挑戦して欲しいものですね。料理はやはり全く行ったことが無い人にとっては未知な物です。

この未知な物への距離感をコウケンテツさんに縮めるような役割を果たして欲しいものです。いろいろな料理番組や料理コーナーがテレビ番組には存在しますが、どちらかというと手の込んだ料理が多いことは間違いありません。

手の込んだ料理は完成したときは美味しそうですが、実際の家庭料理ではそんなに手の込んだ物を作っている主婦は多くないはずです。そのため実際の生活に即した料理を番組で提供する方が人気が出るかもしれません。

人がいきつづける限り、料理というのはまだまだ広がる可能性がありますので今後のコウケンテツさんの料理に対するアプローチが楽しみですね。

保存版 僕が家族に作りたい 毎日の家ごはん

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です