NHK大成安代アナウンサーがかわいい!高校や大学は?再婚者って本当?カップは?

NHK注目の女子アナ大成安代アナウンサー、既に結婚しているのか?と言うところなどの興味を惹きます。今回は色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 大成安代
  • 生年月日 1986年12月25日
  • 血液型?
  • 出身地 広島県
  • カテゴリー NHKアナウンサー

高校や大学は?再婚者って本当?カップは?

NHKに、入社したのは2010年同期のアナウンサーは、桑子真帆アナウンサー、田中泉アナウンサーと3名です。大成安代アナウンサーの出身大学は京都大学経済学部卒業という才女です。

大学在学中には、外国人から政治献金をもらったことで有名になってしまった前原誠司民主党議員の事務所に出入りしていたようです。きっかけは大成安代アナウンサー自身が、政治に興味を示したと言うところからのようです。

この他にも,大学時代は活躍しており『第23回NHK全国大学放送コンテスト』で優秀賞を受賞、京都大学総長賞を団体で受賞するなど、大学時代からNHKとはなんとなく縁みたいな物を個人的に感じてしまいますね。

また、再婚者では無いか?と言う話もありますがそれは事実で、2010年大学卒業前の時期に松山大耕氏(妙心寺退蔵院副住職)と結婚しました。そのため初任地はNHK京都放送局で名前も大成では無く、松山という姓を名乗っていました。

お相手が、宗教関係者という事もあり京都市長が参加するような盛大な挙式だったようです。さて、新人アナウンサー時代のエピソードとして、『青春替え歌ショーロバミミ』にて赤いスイトピーの替え歌で過去の体重や恥ずかしいあだ名などを自ら替え歌の歌詞に盛り込んで笑いをさらったようです。

歌詞の内容ですが、過去の体重は65キロあだ名は歩くコレステロールという物だそうです。なかなか思い切った企画をNHKもぶつけてくるなそう感じた物です。その2年後の2012年に山口放送局へと異動しました。

しかしこの異動と同時期に離婚したようです。問題はなぜ離婚したのかと言うところに興味が移ります。一部では大成安代アナウンサーが不倫と言う不貞行為を働きそれが要因で離婚に至ったのでは無いかと囁かれています。

NHKアナウンサーは、元々放送局を渡り歩いてキャリアを積み、東京放送局へと戻ってくるアナウンサーも多いので異動自体はNHK独特のルールですが、山口放送局に異動したのも京都に居づらい状況になったためでは無いかと言われています。

その後2014年にNHK宮城放送局へ異動し、『おはよう宮城』のキャスターを務めていました。だいぶ話がそれてしまいましたが、学歴に戻ります。広島県の出身で高校は広島大学付属福山高校の卒業です。

sp1

因みに、2015年時点でのランキングでは広島県内と県立高校で偏差値1位、偏差値は75、京都大学合格実績51位という、超進学校で相当頭が良くないと受けることが出来ないような高校と言うことになりますね。

大成アナウンサーの時代は、どのような高校だったのかは解りませんが相当勉強に力を入れている高校とみて良さそうです。卒業生の有名人はラジオDJの小林克也さんやNHKの小野文惠アナウンサーという事です。今後も沢山の優秀な卒業生を輩出する事でしょう。

推定カップ数はインターネット上でBカップでは無いかと言われています。あくまでもテレビの画面を見た上での推定ですので、絶対値ではありません。

今は、NHK夜11時~のニュースチェック11などでお姿を見ることが出来ます。

まとめ

なぜに、NHK入局ちょい前に結婚してしまったのかな?そんなことを考えてしまいました。

もしそれが無ければ、もっとキャリア的には自由度が高かったかもしれませんね。一度は結婚を経験したかったと言う程度の物だったのかもしれませんね。

同期入局である、桑子真帆アナウンサーが報道デビューと言うことで話題となったニュースチェック11でスポーツキャスターを務めていると言うことから、スポーツの知識を深めていくチャンスですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です