ナイツ塙宣之・土屋伸之の仲はいい?性格は?漫才師としての評価など。

出典:二人対談 [DVD] ナイツというと、すでにベテランの風格があります。しかし年齢は意外と若く今後東京の漫才界を背負って立つと期待されています。今回はナイツにスポットを当てて掘り下げていきます。

プロフィール

  • コンビ名 ナイツ
  • メンバー 塙宣之      土屋伸之
  • 生年月日 1978年3月27日       1978年10月12日
  • 血液型 A型
  • AB型
  • 所属事務所 マセキ芸能社
  • カテゴリー 漫才師

仲はいい?性格は?漫才師としての評価

二人が知り合ったのは大学時代です。大学(創価大学)に落語研究会がありそこで知り合いコンビ結成のきっかけがあったようです。基本的に大学の先輩後輩という関係性がそのまま、今現在も生きているようです。

因みに、塙宣之さんが先輩で、土屋伸之さんが後輩という関係です。そのためコンビの仲は良好であり、世間でいう漫才コンビの仲が悪いなどという定説はあまり関係ないようですね。

漫才ネタを書くのは、塙宣之さんです。どちらが面白いかというと、塙宣之さんのほうが面白いといえます。漫才ネタを作るためいろんなところに神経を配っているといえるからです。

相方の土屋伸之さんは、漫才ネタは書きませんが競馬などの趣味が仕事に生きている状態となっています。そのため最近では、個人個人の仕事をすることも多いようです。性格的には、人の悪口を基本的には言うタイプの人間だそうです。

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんが、ラジオ番組の中で暴露したことで世間が知ることとなりました。また、運動神経がとても悪いようでアメトークでは特番の際、その運動神経の悪さだけでワンコーナー作れるほどです。

これに対して、土屋伸之さんは世間のイメージ通り地味な人で性格についてはあまり書かれていることはありません。基本的には平和主義者でもめ事を好まないというイメージがありますね。

恐妻家で知られており、ナイツがレギュラーを務めているニッポン放送のラジオビバリーヒルズでは、土屋伸之さんの奥さんタエコさんを題材にした。コーナーがあるほどで本人もこれに対しては認めています。

漫才師としての評価は、上記にも書きましたがベテランの風格があり安定感があります。

お笑い芸人の中では評価は高いですが、世間的な評価はそんなに高くはないのです。どうしても見た目に派手なものや、毒舌が効いたものが好まれる傾向にありそうでないものは意外と評価されない傾向にありますね。

ナイツの師匠は、内海圭子さんと言って1960年からコンビ内海圭子芳江として活躍した人です。今でもナイツとともにテレビ出演をする機会がありますので、見たことがあるという人もいるかもしれません。

また、東京でも下町と言われている浅草の東洋館や浅草演芸場に出演しているため、そちらの客層に合わせる形の漫才ネタが多くなる傾向にあります。そのためM1などのトーナメントものでは勝ち上がりにくいのかもしれません。

sp1

しかし、今お笑いを見ている人間たちの年齢もいつの日か上がっていくため、ナイツの面白さが世間に浸透するのは、これからだと個人的には思っています。

まとめ

お笑い芸人は、関西系吉本興業の芸人が多かったですが、最近ではアイドルを中心に売っていた芸能プロダクションもお笑い芸人に手を出す傾向にあり、いろんな事務所がお笑い芸人を抱えています。

そのためお笑い芸人が、はいて腐るほどいるためテレビなどに出演するのも至難の業ですね。今後もっと難しい状況に陥っていくのかもしれませんし、そうなるほうが本当に面白い芸人しか残らないので見ているこちらとしては都合がいいなそう感じます。

ナイツは、こういった状況には惑わされずに淡々と芸を続けて行けそうですね。いわば独壇場とも言えますね。今後も漫才師としてやり続けていくことが期待できますね。いつの日か実際の年齢と芸のスタンスがシンクロする時期がやってくるでしょう。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です