スポーツ選手の語学力。錦織圭、本田圭佑、イチロー、田中将大は?その他堪能なのは?

最近では、日本国内でプレーするスポーツ選手と海外を視野に入れてプレーをしている選手の2極化が進んでいるような感じがします。そこで今回はスポーツ選手の語学力について掘り下げて書いていきます。

錦織圭のプロフィール

  • 氏名 錦織圭
  • 生年月日 1989年12月29日
  • 出身地 島根県 松江市
  • 血液型 A型
  • 所属会社 日清食品
  • カテゴリー テニスプレイヤー

語学力は?

13歳から単身渡米し、シャラポアも在籍していたIMGアカデミーに在籍しておりました。在籍した当時は体の大きい外国人に威圧され言葉のわからないことを良いことに悪戯を受けるなどの被害を被っていました。

またコミュニケーション能力が不足していたので、訳もわからず怒られるなどの辛い時期を過ごしていきました。しかし、母親の言葉「いつでもラッキーは来る!そう思え。」の言葉を胸に乗り越えたようです。

錦織圭選手の英語能力についてはリスニング能力が高いと言われており、海外のマスメディアでも評判が良い程です。正確に聞き取り相手が何を求めるかを感じ取り返答することが出来るので中学生から単身渡米した事が良い方に転んだという事になります。

本田圭佑のプロフィール

  • 氏名 本田圭佑
  • 生年月日 1986年6月13日
  • 出身地 大阪府 摂津市
  • 血液型 AB型
  • 所属チーム ACミラン
  • カテゴリー サッカー選手

本田圭佑の語学力は?

本田圭佑というとロシアのサッカーチームにも在籍していた経験があり、ロシア語、英語、イタリア語が話せるようです。しかしイタリア語については未だ勉強中であると雑誌のインタビューでも答えています。

しかし一部ではロシア語についても、かなりひどいという評判がありましたが短期間でとても良く努力したなそう感じてしまいますし、また選手としてマインドを自分で管理しコントロール出来るところが素晴らしいと感じます。

イチローのプロフィール

  • 氏名 イチロー(本名 鈴木一郎)
  • 生年月日 1973年10月22日
  • 出身地 愛知県春日井郡豊山町
  • 血液型 B型
  • 所属チーム マイアミマーリーンズ
  • カテゴリー プロ野球選手

イチローの語学力は?

イチローの語学力は相当高い物で英語を話すことが出来ることは勿論、ジョークを飛ばしロッカールームなどで笑いを取ることもあるというエピソードがあります。しかしイチローには通訳が付いており、伝わらない事などがありいらいらするなどの精神的負担を避けるためのようです。実際、英語能力は相当高く、相当深いコミュニケーションを取ることが可能のようです。

sp1

また、奥さんがアナウンサーという事で英語も堪能ですので、そういった影響もあるのかもしれません。

田中将大のプロフィール

  • 氏名 田中将大
  • 生年月日 1988年11月1日
  • 出身地 兵庫県 伊丹市
  • 血液型 A型
  • 所属チーム ニューヨークヤンキース
  • カテゴリー プロ野球選手

田中将大の語学力は?

田中将大投手については密かに英語を勉強しているという話もありますが、あまり英語は必要ないそんな話もあります。また同僚に今広島に在籍している黒田博樹投手がいたようですので頼っていたのかもしれませんね。

また、入団会見では中学生程度の英語で返答もしていました。今現在も野球のプレーをしながら英会話を覚えているのかもしれません。一番今のところ語学力が低いのかもしれません。

その他堪能なスポーツ選手は?

この他ではダルビッシュ有、松岡修造など英語が堪能なスポーツ選手が多いです。松岡修造さんや室伏広治さんなど意外と多く調べて見ると沢山いることで驚くことがあります。

まとめ

英語教育の重要性が叫ばれているため、今後出てくるスポーツ選手については日本語ともう一つ英語と言うぐらいのスタンダード言語となる可能性は否定出来ません。またコミュニケーション能力についても高い方が良いことは間違いありません。

しかしながら英語ばかりに力を入れてしまい日本語が疎かになるとこれまた問題ですからその辺のバランスが重要ですね。スポーツ選手は今後英語がマストとなるかもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です