熱田神宮の草薙の剣の場所は?お守りや御朱印のご利益は?

熱田神宮へパワーをもらいに行こう。と思うのは結構です。パワースポットの神社の一つでもありますからね。熱田神宮の中の代表的なパワースポットの場所や行き方、特徴などをこちらのページに掲載しておきました。

「熱田神宮のパワースポットの場所は?属性は水ではなく空だった!」

で は、神社へ行く本来の目的と言いますか参拝についてですが、日本神話における三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのしんき(じんぎ、しんぎ))の一 つで、天孫降臨されたときに瓊瓊杵尊が天照大神から受け継いだという鏡、玉、剣があります。日本歴代天皇が継承してきた三種の宝物。

それぞれ、八咫鏡・八尺瓊勾玉・草薙剣となります。熱田神宮には「草薙剣」がございますので参拝してこれはぜひみておきたい。日本神話に出てくるスサノオがヤマタノオロチを切り刻んだ十拳剣がありますが、ヤマタノオロチの尾っぽから出てきたのが「草薙剣」です。

ただ、どこで見れるとか?場所はどこなのか?色々なサイトを回って調べているのですが書いていないんです。熱田神宮の公式ホームページにも詳しく書いていないのですよね。

熱田神宮にある草薙剣は一体どこで見れるのか?

atuta-1

これには諸説色々とあるようです。まずは日本神話の大切な宝物なのでそう簡単に一般公開できるものではありません。そのため、会館には展示されていないという話です。けれども、熱田神社に大切に保管されているとのこと。

先ほどの話のように、スサノオノミコトがヤマタノオロチの尾っぽから草薙剣を取り出します。これが始まりです。そして、姉であるアマテラスオオミカミへ献上します。その後は、天孫降臨したときにアマテラスの孫からニニギノミコトへ守刀として伝わります。

これ以降、八咫鏡と同様に天皇家の宝物として大切に保管されますが、崇神天皇になると皇居の外に八咫鏡と同じく保管場所が移りますが、垂仁天皇の皇女にあたる倭姫命に渡り伊勢神宮へ保管場所が移ります。

し かし、ヤマトタケルノミコトが東征を行うときに叔母に当たる倭姫命を訪問した際に守り刀として受け継ぎます。そして、ヤマトタケルノミコトは尾張国の宮簀 媛と結婚することになりますが、姫に剣を預けたまま矢吹山にいる悪魔神を退治しに行きましたが、山の神により病をにかかりそのまま亡くなります。そこで、 妻である宮簀媛は夫と剣を祭るために熱田神宮を建立しました。

ところが、鎌倉時代の源平合戦の際に三種の神器が全てなくなります。しかし、二つはすぐに見つかりましたが、熱田神宮の草薙の剣だけは持ちだした平家の二位の尼が安徳天皇とともに守りますが、結果的に海中の中に沈むことになります。

sp1

これによって剣は完全に紛失したことになるのですが、無くなってしまったら色々と都合が悪いわけです。そのためレプリカが作られました。そのレプリカが当時、熱田神宮へ返却されたわけです。ところが、江戸時代末期にそれが見つかり熱田神宮へ保管されます。

しかし、実際のところ一度紛失されたものなので本物かどうかはわからないのです。それに、実は、二位の尼が持ち逃げして四国の剣山に隠したという噂もあります。つまりは歴史なので何が本当なのかわかりませんが、熱田神宮へ行っても見ることはできないです。

熱田神宮でお守りと御朱印はどこで買える?

jyuyo

では、神剣が見ることができないとなればせめて参拝のついでにお守りと御朱印ぐらいはゲットしておきましょう。

お守りが買える時間と場所

熱 田神宮では多種のお守りが販売されております。家内安全、無病息災、縁結び、家庭円満、学業成就、交通安全、開運招福、安産、商売繁盛など。それだけでは なく、神棚まで売られていますので良かったら色々とみていけばよいと思います。お守りの値段は、初えびす・商売繁盛店・家内安全は2000円ですがそれ以 外は1000円で購入できます。場所は授与所になります。自動車お祓口をまっすぐ行くと左手に本宮、前に授与所があります。営業時間は午前7時~日没まで となります。

御朱印が買える時間と場所

参拝したらその記録を残すために御朱印をいただいて帰りましょう。ただ、御朱印は お守りのようにお値段が決まっておらず、お気持ちがお値段になります。そのため小銭から千円程度のお布施を用意しておけばよいでしょう。御前7時~日没ま でがいただける時間ですのでそれを目安に行くと良いかと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

1 個のコメント

  • 貴重な御指南、ありがとうございました。今日参拝する予定でしたので、参考にいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です