おばさん体型になりたくない!30代40代の改善ダイエット方法。産後の注意点は?

結婚する年齢が高くなるにつれて結婚してから出産する年齢も高くなる傾向があります。20代の若い方でしたら体力的にも元気なので子供を産んだ後でも体重を元に戻すのはそれほど難しくはないでしょう。しかし30代、40代での出産となりますと、一度増えた体重というのを戻すのはなかなか難しいものがあります。そんな時にはどのようにすればよいか?

それほど若くないので無理しない!

30代になると人間の体力というのはかなり落ちると言われています。30代でかなり落ちるのですから40代ではさらに体力が落ちることは簡単に予想することができますね。

おばさん体型になりたくないと思っていても、これはある程度仕方のないことです。妊娠中に体重が増えて出産した後、その体重がなかなか減らないというのもある程度はしょうがないことです。

若いときとは違うのですから、現実を受け入れて生きていくということもとても大切です。しかし出産後のダイエットを考えている方はなるべく無理のないダイエットをするようにしましょう。

若い時より運動量は減っている!

若い時よりも確実に運動する量というのも減っています。何かスポーツをしていればまた話は違いますが、多くの方が若い時よりも運動の量が減っているというデータがあります。運動量が少なくなっているうえに妊娠して出産をするわけですから、どうしても太ってしまうというのは避けられません。出産後にダイエットするのであれば、時間をかけてじっくりダイエットをするというのが30代、40代の方にはおすすめです。急激なダイエットというのは決して良くありません。ましてや産後でとても体が疲れている状態ですので急激なダイエットは良くないです。

カロリーを上手に抑えてやさしいダイエットを

具体的な産後のダイエットとしては、カロリーを抑えてゆっくりとスローペースでダイエットをするということです。急激に食事制限をするのではなく、少しづつカロリーを抑えるような食事をとって、ゆっくりとダイエットをするようにしましょう。

例えば酵素ドリンクなどを利用して、1食分の食事をその酵素ドリンクに置き換えるなどのダイエットも良いでしょう。

ただし1食分にしてください。1食分ではなく1日の食事を酵素ドリンクでというのはやめてください。そのような急激なダイエット方法は30代40代の方にはおすすめできません。

あくまでも時間をかけてゆっくりとダイエットするようにしないとダメです。

酵素ドリンクを利用してのダイエットとは

酵素ドリンクに含まれている酵素というのは脂肪の燃焼を助ける役割を持つと言われています。脂肪の燃焼を助けるということは痩せやすい体質になるということにもなります。

sp1

1日のうち1食分をこの酵素ドリンクに置き換えることによってダイエット効果が高くなるということがあります。市販の酵素ドリンクには酵素だけではなく、たくさんの栄養成分が入っているものがありますので、それらを1食分と置き換えて飲むというのも良いでしょう。

ただし市販のものではイヤだという方はご自身で手作りするというのも良いです。

日常生活でできる軽い運動も充分効果あり

出産後にダイエットをするのであれば、食事制限などをする時に同時に運動をしたほうが効果が上がります。

運動といっても激しい運動は一切する必要はありません。産後というのはどうしても肉体的にも疲れている時期なので、決して無理な運動はダメ。激しい運動よりも、ゆっくりとした無理のない運動の方が長続きすることが多いです。

運動というのは継続しなければあまり意味はありません。家の中にいるときでも、つい座ってしまうようなときでも、あえて座らないで立っているというのも運動の1つになります。

買い物に行くときに、歩いていくというのもとても良い運動になります。このように何気ない日常生活の中で簡単な運動を取り入れることでダイエットの効果をとても高めることができます。

30代、40代の方がダイエットを考えているのであれば決して無理してはダメ。

しかも出産後のダイエットであればなおさらです。

ゆっくり時間をかけたダイエットがベスト。

酵素ドリンクなどのアイテムを利用するのも良し。

ただし軽い運動を同時に行うというのがポイントです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です