箱根駅伝2017!青学駅伝エース一色恭志のプロフィール。実家や中学高校は?彼女はいるの?

出典:2017箱根駅伝ガイド2017年01 月号[雑誌]: 陸上競技マガジン 増刊

現在、大学駅伝界でゾーンに入っている青山学院大学、そんな部員の一人エースランナーの一色恭志選手を掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 一色恭志
  • 生年月日 1994年6月5日
  • 血液型 O型
  • 出身地 京都府
  • 所属大学 青山学院大学 経営学部 経営学科
  • 所属予定先 GMOアスリーツ

プロフィール。実家や中学高校は?彼女はいるの?

既に、小学5年生の時に陸上を始めていました。そして時は進み中学に入学すると、部活に入部しなければならずテニス、サッカー、陸上の3つが選択肢の中に残りました。なぜか陸上を選んでおり陸上部に入部しました。

また、顧問の先生も一色選手と相性が良く、陸上が好きになるきっかけとなったようです。因みに卒業した中学は、中学校組合というらしいのです。最近では、町や村の整理が進み宮津市の一部区域と与謝野町の旧岩滝町域を校区となっているため上記のような名前が付いていたようです。

一色選手の実家は、地元では有名の京都ちりめん丹後の織元株式会社一色テキスタイルだそうです。商品はインターネットでも、購入する事が出来ます。高校は野球で有名となった仙台育英高校へ進学しました。

しかし、東日本大震災が起きた1年後、震災を理由に豊川高校へと転校しました。因みに、東日本大震災が転校の理由だという説と、仙台育英の陸上部監督、清野純一監督が解任されて豊川高校へと移ったため、部員がそれに付いていったのではと言われています。

右手の薬指に、指輪がひかっていたことから彼女の存在が囁かれています。しかし、あくまでも噂で彼女の存在を見たマスコミはいません。そのため彼女の存在に関してはグレーゾーンと言った感じですね。

プロフィールに話を戻すと、豊川高校に転校してからは3年生の時に4区を走り区間賞を取りました。やはり実力はあったようです。因みに高校2年生の時にも7区で区間賞を取り期待通りの成績を上げました。

大学は、青山学院大学に進学しました。大学3代駅伝と言われて居る出雲、全日本、箱根の3つの駅伝が有名でこの駅伝を制覇すると大学三冠と言われます。因みに個人成績は出雲駅伝、2013年は区間7位、2015年区間2位、2016年区間2位、通年11月の文化の日近辺に行なわれている大会です。

sp1

全日本駅伝は、2013,2014年は共に区間6位、2015年区間に2位、2016年は区間2位と優秀な走りを見せています。例年11月の中旬に行なわれる大会でテレビ朝日系列がスタートからゴールまで中継されている、愛知県の熱田で行なわれている大会です。

続いては箱根駅伝、毎年1月2日と1月3日往路と復路に分かれ総合タイムで優勝を競う大会です。一色選手の成績は2014年、1区を走り区間6位、2015年、2016年はエースが集まる2区を走り共に3位という成績を残しました。

箱根駅伝については来年の大会がまだ残っており、恐らくエースが集まる2区を走る可能性が高いと思われます。そのため一色選手にとっては学生駅伝の集大成となる大会です。

とても注目が集まる物となるようです。

また、卒業後の進路も決定しており、GMOアスリーツに入社することが決まっています。将来的には実業団駅伝のニューイヤー駅伝出場の期待も掛かりますね。

まとめ

今のところ学生陸上の花形を歩んでいますね。今後も駅伝、マラソンと陸上競技の幅を広げていくことが期待されます。そう考えていくと、2020年の東京オリンピックの時には日本マラソン代表として東京を走っている可能性がありますよね。

今のうちにサインなど貰えるチャンスがあったら貰っておいた方が良いかもしれません。今後どんどん手の届かない存在になっていく可能性がありますから、学生のうちにファンである事を告白して応援しておく方が良いですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です