松下奈緒の性格。ピアニストや女優としての実力は実際どう?事務所は強い?

出典:【Amazon.co.jp限定】THE BEST ~10 years story~(初回生産限定盤)(DVD付)(ポストカード Amazon.co.jp Ver.付)

清楚系女優で、ある一定の人気を保っている松下奈緒さん。演技もさることながらピアニストとしても活躍をしています。今回は周辺を掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 松下奈緒
  • 生年月日 1985年2月8日
  • 出身地 兵庫県 川西市
  • 血液型 AB型
  • 所属事務所 ジェアイプロモーション
  • カテゴリー ピアニスト 女優

性格。ピアニストや女優としての実力は実際どう?事務所は強い?

まずは、損得にうるさいと言うこと。子供の頃に電車を乗り間違えて、終点まで行ってしまった際に家に電話を掛けてその際に「へっちゃらです」と言い放ったようです。自分の間違えを認めない勝ち気な性格を持っているようです。

共演NGの人がいるようです。その相手は俳優の向井理さん。理由はとんねるずの『みなさんのおかげでした』のコーナー『食わず嫌い王決定戦』で対戦、言い争うような所を見せ、面倒くさそうな態度を取るなどしたため、共演NGの噂が立っています。

あのコーナーは、食べ物を使った心理戦を楽しむコーナーという側面もありますから、対戦相手を欺き勝つという事が大切です。負けてしまうと罰ゲームをさせられるので、それが嫌だったのかもしれません。

松下奈緒と向井理というと、NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』で共演し、相当仲は深いはずです。また、立場を変えて共演する可能性もありますので共演NGは考えにくいところですね。

清楚なおとなしい女性を想像させますが、中身はおじさんと変わりがないというのがもっぱらの評判です。おじさん臭いというのは、おおざっぱな性格であるという事になります。女優という職業をしている人にはありがちな性格です。

そのため顔が綺麗なのに結婚をいつまでもしない女優さんや結婚しても離婚してしまう人がいますが、性格と風貌が合わないためではないかと考えられますね。人気が出ない理由はそういった部分が見え隠れするのでいまいち、ファンの人を引き込めないのかもしれません。

続いてはピアニストとしての実力について書いて行きます。ピアニストの実力を測るバロメーターとして、コンクールの出場歴ですが、これと言ったコンクール出場歴はありません。
ただし、小学6年生の時に『第26回インターナショナルジュニアオリジナルコンサート』に出場しました。このコンテストは自分で作曲した曲を演奏するという物で、『テーマと8つのバリエーション』と言う曲で出場しました。

まあ、東京音楽大学ピアノ専攻を卒業していることと、女優としての知名度があるのでピアノも上手いとされています。しかし、ピアノの本当の腕前はいまいちという所かもしれません。

続いては女優としての実力です。確かに代表作と呼べる作品はあります。『ゲゲゲの女房』、『早海さんと呼ばれる日』、等の作品があります。正直これについては事務所の力で取った仕事であると言えます。

sp1

では、インターネット上で松下奈緒さんの演技はどういった評判なのか調査してみました。

 

やはり、賛否両論がありますよね。そのドラマを見ている人のその時の気持ちがありますし、そういった細かい部分が影響されて女優さんの演技が良くも悪くも見えてしまうと言う可能性があることが解りましたね。

続いては、松下奈緒さんの事務所について書いて行きます。現在の所属事務所はジェイアイプロモーションですが、これは元々事務所の社長が研音から独立して作った事務所と言うことです。

当初は松下奈緒さん一人でしたが、現在では多数の所属タレントがいます。若干ドラマの露出が減っていますが、CMなどはそのまま継続されていますので、円満に事務所を移籍出来たのかもしれませんね。

まとめ

やはり綺麗な女優さんは色々と有利だと言うことに気付いてしまいました。今後も色々な仕事が舞い込んでくる可能性がありますね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です