NHKアナウンサー瀧川剛史は結婚してる?出身高校・大学、性格は?

NHKの番組『シブ5時』に出演している瀧川剛史アナウンサー今回は色々な角度からプライベートを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 瀧川剛史
  • 生年月日 1981年8月15日
  • 出身地 奈良県
  • 血液型 ?
  • カテゴリー NHKアナウンサー

結婚してる?出身高校・大学、性格は?

瀧川剛史アナウンサーの結婚については、どうやら既婚者のようです。しかし、いつ結婚したのかは不明です。早めに結婚したのか?最近結婚したのかは不明です。仕事に傾ける情熱が少しは変化してくるかもしれませんね。

高校は、近畿大学附属高校(偏差値62~70)で学生時代を過ごしていました。中高一貫校なので中学も同校だと思います。そんな中学時代当時瀧川剛史アナウンサーには気になる女の子がいました。

その子に、「アナウンサーになってみたら」と言われアナウンサーという職業が頭の中に刻み込まれたようです。そんな中、阪神淡路大震災を経験しました。この経験が瀧川剛史アナウンサーにとっては大切な経験になったようです。

瀧川アナウンサーも、実家のある奈良で阪神大震災を経験し、現状はどうなっているのか?正確な情報を求めテレビを食い入るように見つめていました。そんな中で冷静に状況を伝えるアナウンサーの姿や現場レポートをする姿を見て、将来の夢をアナウンサーに決めたようです。

それは、高校になっても続きトイレで発声練習などを密かに重ねていたようです。しかし自分が思ったほど、アナウンス技術が進歩しなかったようです。その後、早稲田大学経済学部に入学しました。

早稲田大学にはアナウンス研究会(通称アナ研)があります。今でもアナウンサーとして現役で活躍する人たちが沢山います。元日本テレビの福澤朗、元フジテレビの山中秀樹、等早稲田のアナウンス研究会がどれだけ凄いサークルなのかが解ります。

瀧川剛史アナウンサーもこのアナウンス研究会に入り、アナウンサーになるべく研鑽を積んでいました。また、瀧川剛史アナウンサーは早生あのアナウンス研究会に入った理由としてアナウンス技術の向上を上げています。

何処まで向上心が高いのかと感心してしまいます。また、その一方で国際政治学のゼミに入り海外留学を経験し、海外旅行の面白さを覚えそのためにバイトをすると言った充実した大学時代を過ごしていたようです。

その中でアナウンサー以外の仕事へも関心を持ったようです。そんな多い選択肢の中から、アナウンサーを選んで就職活動に入っていきました。見事NHKに入局する事が出来ました。

sp1

しかし、アクセントが乱れるという状況に苦しんだようです。瀧川剛史アナウンサーの出身地は奈良県、最初の赴任地は京都放送局そのため出演するときは標準語。それ以外は関西の方言で話します。

大学は東京で過ごしアナウンス研究会にもいた経験から、アクセントの使い分けには自信があったようですが、相当苦労したようです。しかし、京都は取材する場所が沢山ありやりがいを感じる日々を過ごしアナウンサーとしての自信を深めたようです。

その後、沖縄、東京アナウンス室へと異動してきました。現在はニュースキャスターを務める傍ら、番組のディレクターも務める等今まで経験をフルに生かして、アナウンス人生を謳歌しているように見えます。

性格的には、長いスパーンで物を考えるという事から一つの物事をやり通すという強い意志の持ち主ではないかと思います。

まとめ

今後もアナウンサーとして着実に階段を上っていくことが考えられますね。しかし、将来的には池上彰さん的な存在になる可能性もありますから、ニュースなどを深く掘り下げて見る番組をまた制作し自分でそれを伝えるというような役割も面白いかもしれませんね。

今後の瀧川剛史アナウンサーの活躍を見ていく事にしましょう。そして良いアナウンサーになってほしいと願ってしまいますね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です