加藤晴彦の現在。消えたと言われているけど、彼女・結婚は?評判はどうなの?

出典:加藤晴彦オレのセーターBOOK

一時は、CMに起用されてタレントとしてブレイクした加藤晴彦さん。現在は当時の活躍から比べると、勢いを無くしている様に見えます。今回は加藤晴彦さんを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 加藤晴彦
  • 生年月日 1975年5月13日
  • 血液型 O型
  • 出身地 愛知県 名古屋市
  • カテゴリー 俳優、タレント、
  • 所属事務所 プラチナムプロダクション

現在。消えたと言われているけど、彼女・結婚は?評判はどうなの?

現在は、俳優として活動しており、2016年の活動状況は仕事をしていない状況となっています。この原因は度重なる所属事務所の移籍にあります。加藤晴彦さんがデビューのきっかけを掴んだのは、1993年に開催された第6回ジュノンボーイコンテストで審査員特別賞を受賞したことでした。

この当時の所属事務所が、サンミュージックでしたが、その後ロングブリッジ、アミューズ、プラチナムプロダクションと4社の移籍をしています。年齢的にも40代に差し掛かり中々役柄的に難しい過渡期に来ている事でどの様にして売り出していくのかが難しい位置付けとなっています。

最後にテレビドラマに出演したのが、2015年NHKBSプレミアムの『アイアムグランマ』で、その後新しいドラマの仕事は入っていません。まあ干される理由としては色々と考えられます。

インターネット上では、久本雅美が絡んでいると言われています。それは久本雅美さんが創価学会信者で加藤晴彦さんに入信を勧めたが、加藤晴彦さんが断ったため干されたという説や、加藤晴彦さんが女性を口説くときに福山雅治の名前を利用して口説いているという噂があり、福山雅治から加藤晴彦を遠ざけるため干した説がありました。

さて、続いては加藤晴彦さんの彼女や結婚について書いて行きます。加藤晴彦さんが結婚した人は、名古屋の放送局に勤める一般の女性である事は判明していますが、一般人故詳細情報が出てきませんでした。

出逢いから、2年間という時間を掛けて交際をしていった様なので信頼関係は築けたようです。インターネット上では中京テレビのアナウンサーである本多小百合では無いかと言われていますが、これはあくまでも中京地区で24時間テレビのパーソナリティーを務めた事があるのでそう囁かれているようです。

結婚から2年後2016年に女児が誕生したことを関西テレビの番組えみちゃんねるの中で加藤晴彦さん自身が告白しています。続いては加藤晴彦さんの評判について書いて行きます。

sp1

吉本興業所属の芸人オモロー山下が加藤晴彦さんに集り、飲み代40万円を払わせた話などがあり、加藤晴彦さんが被害者なのかと思いきや、事実は逆で加藤晴彦さんがオモローとカラテカ入江を呼び出し逆に40万円を支払わされたのが真相だそうです。

しかしバラエティーでは自分が被害者の様に話をして、オモローとカラテカ入江が支払わせたという話にすり替わったようです。この話だけを聞いても性格の悪さが解りますね。この話だけでも業界内での加藤晴彦さんの評判は相当悪そうです。

まとめ

愛知で相当悪い不良だったと自分で吹聴していたのを見たこともありますから、やはり自分が売れるためなら、人を陥れても平気な感じなんですね。それと加藤晴彦さんが売れていた理由は事務所の売り方が上手かったことも否定出来ません。

事務所の移籍を繰り返しているうちに、、俳優として売れなくなったのだと思います。そうでなければ、今もそこそこ良い位置でタレントも俳優も出来ていたはずです。それが出来ていないと言うことは業界内での評判も悪く、使いたいというマスコミ関係者も居ないと言うのが真実なんだと思います。

恐らくこのまま本当に消えていくのではないか、そう感じてしまいました。やはり少し調子こいた可能性は否定出来ませんね。もしも帰って来るとしたら名古屋ローカルタレントとして復帰するのが適当かもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です