演歌歌手 出光仁美のプロフィール。年齢は?彼氏はいる?ライブスケジュールはどこでチェック?

出典:東京しぐれ

演歌歌手としてだけではなく、一般社会でも働いた経験がある出光仁美さん。今回はプロフィール等様々な角度から掘り下げて紹介します。

プロフィール

  • 氏名 出光仁美
  • 生年月日 1984年9月7日
  • 血液型 ?
  • 出身地 福岡県 宗像市
  • 所属レコード会社 日本コロムビア
  • 所属事務所 ビッグワールド
  • カテゴリー 演歌歌手

プロフィール。年齢は?彼氏はいる?ライブスケジュールはどこでチェック?

学歴は、九州産業大学卒業美術教師の教員免許も取得しています。なぜ教師にならなかったのかは解りません。しかし、教員の募集は年中行われているわけではなく、欠員があると募集を掛けられる物なのでその年の募集がなかったのかもしれませんね。

その後飲料メーカーのヤクルトに就職しました。在職中に出場したカラオケ大会で審査員をしていた水森英夫さんに、弟子入りを志願して認められました。水森英夫さんというと氷川きよしさんや山内恵介さん等、これから演歌界を背負って立つ人たちを弟子に持っています。

一般的に弟子入りというと、師匠の身の回りの世話をする形でデビューのチャンスを待つと言うのが一般的で、いつデビューできるのかは色々なタイミングで限定できません。しかし概ね1年~3年位は修業が続くようです。

出光仁美さんも水森英夫さんからレッスンを受けて、2010年おんな七里神楽坂でデビューを果たします。しかし、その後毎年新曲をリリースし現在まで9枚のシングルをリリースしており、年に2枚リリースしている年もあります。

レコード会社が期待を掛けているアーティストであると言えますね。さて気になる年齢ですが、現在は33歳デビューしたときが26歳でしたから、デビューの年齢としては遅くもなく速くもなくという所です。

演歌は、デビューが速すぎても歌の内容と年齢が追いつきませんから、響きませんしかといって年を重ねすぎても重すぎると言う、微妙なジャンルの物なんです。日本の心を歌にしたのが演歌なのでそう言った機微が歌に表す事が出来ると、良い演歌歌手と言われる存在となります。

現在は彼氏はいないようですが、過去に初彼氏で失敗したエピソードをラジオで披露しているので、彼氏がいた時期もあるようです。最後にライブスケジュールなどはどこでチェックすれば良いのかと言う話ですが、現時点で所属しているコロムビアレコードホームページやオフィシャルブログURL:(http://ameblo.jp/idemitsu-hitomi/)鶴は千年仁美は万年で確認することも可能です。

また、普段からメディア露出も頻繁なので、 ここでレギュラー番組をまとめておきました。

sp1

ラジオ

  • ラジオ大阪「仁美ちゃんなんしよっと!」 毎週火曜 20:30〜21:00
  • TBSラジオ「小森谷徹のFine!!」 FINE!!アーティスト[出光仁美のきんしゃい!ひとみ荘] 毎週火曜 早朝03:30〜
  • 出光仁美の「ラジオdeヒットミー」

テレビ

  • BS12 トゥエルビ他「竹島宏の歌 MAX」 月1回出演
  • サンテレビ「プレミアム歌謡ショー」 毎週土曜 07:00〜07:30
  • BS12 トゥエルビ「平成歌謡塾2」 毎週金曜 05:30〜06:00

メディア露出は相当多いと言えますね。恵まれた歌手活動が出来ているのでは無いかと感じました。

まとめ

演歌歌手のプロモーションの仕方は、本当に大変だと思いますね。未だに街の個人経営のレコード屋でキャンペーンを張るなどして、少しでも自分の存在を知って貰おうとする方法は選挙運動とよく似ていると思いますね。一昔前なら有線からヒットする等の方法も考えられましたが、今ではそれも期待薄です。

音楽を届けるメディアは色々と発達してきましたが、それを受け取る側が演歌を聴くのかと言う問題もありますね。演歌を聴かないのに、聴かないところに届けても仕方が無いのでどの様に演歌を普及させるかがポイントですね。

ロックやブルースジャズなどと同じで一つの音楽ジャンルなんで、音楽の授業で教え込む必要性がありそうです。そうすれば演歌はいつも聴いてきた物とされ、ハードルが低くなるはずなんです。

そうすることで演歌歌手の育成が楽になるような気がします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です