料理研究家 河野雅子の経歴。夫は誰?著書や料理教室の評判は?

NHKきょうの料理に出演している河野雅子さんを色々な角度から、掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 河野雅子
  • 生年月日 ?
  • 出身地 ?
  • カテゴリー 料理研究家

経歴。夫は誰?著書や料理教室の評判は?

幼少期から料理をする事が当たり前という環境で、育ってきました。それは母親も料理研究家だったからです。それだけ子供の頃から食べる事の大切さをしつけられて育ったのかも知れませんね。

河野雅子さんが卒業した大学は、日本女子大学食物学科、その後料理研究家となりました。得意ジャンルは家庭料理です。続いては夫についてですが、一般人故に詳細情報はありません。ですが、4人家族と言うことは明らかになっています。

続いては著書について書いていきます。1999年にリリースした書籍『

』のインターネット上の評判を拾っていきます。(以下Amazonより引用)

投稿者服部弘一郎

本の中で取り上げられている圧力鍋がフィスラーなので、

それ以外の鍋を使うには工夫が必要だと思う人もいるかもしれません。

でも大丈夫。僕はティファールの安い圧力鍋を使っていますが、

材料の分量も調理時間も、本に書かれている通りで大丈夫ですよ。

高圧・低圧の切り替えタイプを使っていることが条件ですが、

「表示ピンの目盛」を「圧力調整おもり」に読み替えればいいのです。

あと加圧中は火をできるだけ細くして、蒸気の抜けを少なくすること。

これさえ守れば、この本のレシピのまま何の工夫もいりません。

投稿者じゅんれん2001年4月5日

圧力鍋を買ったはいいけど、主な購入目的の「炊飯」だけじゃもったいないと思いこの本を購入しました。今まで普通の鍋で作っていた料理の時間短縮に驚き、普通の鍋では作る気のしなかった料理でレパートリーが増えました。牛、豚、鶏を丸ごと茹でて、いろいろな料理に使いまわすという技は忙しい人や大家族にはうってつけです。本の中で使用しているのが、フィスラーの圧力鍋なのでフィスラーをお持ちの方は調理時間をそのままで作れます。

投稿者玉露

本が出てからもう10年近くなる今でも圧力鍋のレシピ集の中で最も活用しています。

調味料を正確にはかって材料を入れ、次にふたを開けるとできているという簡単さ。

その割にはじっくり煮込んだような出来上がりで時間と手間とガス代の節約になります。

この本の中のぶり大根、骨までおいしい、いわしの梅煮、サンマの山椒煮、お赤飯、

あずき煮はレパートリーになりました!

(ただし、覚えていられないので、本は必ず見ます。)

味がばっちり決まりますよ。

他に珍しいのはおいなりさんです。他の本にはありません。

sp1

きれいな写真と上品な味付け。(しょうゆは若干減らすのが好みですが)お勧めの本です。

3種まとめてのクッキングは私には使いこなせていませんが、ものすごく忙しい人などには

ありがたい方法かもしれませんね。

この本はフィスラーの圧力鍋を使っています。加圧時間もフィスラーに最も良い時間を設定。

でも、自分はシラルガンの鍋を使っているので、加圧時間はやや短めにしています。

一度何かを作ってみて手持ちの圧力鍋の特徴を知れば、他の鍋でも十分使えると思います。

圧力鍋を使ったレシピで相当評判が良いですね。今後この書籍の第2弾をリリースする可能性がありますね。続いては料理教室についてですが、特に常設で開講はしていません。ですから、料理関連の書籍イベントやNHK絡みで料理教室を開催する可能性がありますね。

ネットで検索し、情報を集めておくと良いかもしれません。

まとめ

今回は河野雅子さんを掘り下げてきましたが、情報公開の少ない料理研究家だったなそんな印象です。しかし、家庭料理というジャンルは時代や家庭の味の傾向によって細かく変化していく物ですから、柔軟な対応が必要ですね。

「おいしかった」と必ず言われる つくりおき基本レシピ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です