ホオジロザメVSシャチの動画 どっちが強いか頂上決戦だ!

人食いザメといえば、ホオジロザメ、海のギャングといえば、シャチです。どちらも肉食系で恐ろしいぐらい強いと思われるのですが、もし仮にこの両者 が激突した場合、どっちがどっちを捕食してしまうのでしょう。実際、日本、世界各地でホオジロザメに人が食べられてしまったという事件もありますので、こ れはホオジロザメでしょうか?

houjiro

こんな鋭い歯をしていますので、飲みこまれたらひとたまりもありませんよね。一方、シャチは基本的には人間を襲いません。しかし、仲間意識が非常に強く、自分らの仲間に危害を加えた場合人間にも仕返しをしたり、あとは性格が無邪気で人間にじゃれてくることがあります。

sp1

た だ、このじゃれるのは犬や猫がじゃれてくるというのとはわけが違います。水族館で飼育員、客を水中へ引きずり込んであやめてしまった事故や、サーファーの 足を軽く噛みついたという事例はあります。ただ、人間を食べるということはしません。ま、サメは魚類に対し、シャチは哺乳類でどちらかといえばイルカに近 い存在ですので、人間になつきやすいのかもしれません。ただ、体格が凄い大きいので人間もじゃれられるのはちょっと困りますね…

そん な、凶暴なホオジロザメと無邪気なシャチの戦闘力ですが、まず、体長から見ると、ホオジロザメは、平均的な大きさは4メートル~5メートル、体重は680 キログラム~1100キログラムです。これまでに体長11メートルのものが報告されてはいますが、専門家の話しによれば、いくら大きいものでも6メート ル、1900キログラム程度だろうとのこと。ただ、台湾沖、オーストラリア沖では切り落とされた頭部の大きさから推測して体長7メートル以上、体重 2500キロ以上のものが捕獲されています。

ですので、11メートルのものがいても別におかしくは無い話しです。ただ、やはり平均的な大 きさは4~5メートル程度ですので、6メートル以上のものは稀でほとんどいないということになります。では、シャチの体長は、5メートル~7メートル、体 重は3600キログラム~5500キログラムあります。

つまり、シャチは、体長こそホオジロザメとそこまで変わりはしませんが、体重が全 然違うのです。ホント、ライト級とベビー級ぐらいの差はあります。それを考えると、ホオジロザメに勝ち目は無いのではないかと思いますが…では、捕食 についてはどうでしょう?シャチは基本的に海にいる動物ならなんでも食べます。

魚、イカ、海鳥、ペンギンなど小さなものから、オタリア、 アザラシ、イルカ、ホッキョクグマ、クジラ、サメと…ってか、ホッキョクグマまでも食べてしまうのはすごいハンターですよね。小さいものは単体でも十 分ですが、基本的に大きい動物を仕留める場合は、シャチらしいハンティング法で、集団での狩りを行うんです。

sp1

syati

イ ルカの仲間ですので、非常に賢く、冒頭でも少し話しましたが仲間意識が強いです。ですから、集団でクジラやホッキョクグマという大きな動物でも一頭の周り にひっついて攻撃を仕掛け弱らせ最終的に餌にしてしまうんです。更に、武器としては泳ぐ速度が60キロ~70キロ、硬い頭での頭突きがあります。高速で泳 いで相手に頭突きを食らわせるんです。70キロのスピードでしかも、3.6トンの巨体が突っ込んできたらひとたまりもありませんよね。

更 に、すごい武器を持っています。こんなずるい技を持っているから、海の頂点に立てるんでしょう。それは、超音波です。通常は群れのメンバーとのコミュニ ケーションで使用するコール音、そして前方に障害物があるか無いかを判断するクリック音。その性能も高く、クリック音は僅か数mmしか離れていない二本の 糸を認識したり、音波を発し、その反響の波形の形の違いでその成分や内容物まで全て判断することができるのです。つまりは、クリック音を出して、それが岩 なのか、氷なのか、それとも肉なのかを判断できるということです。肉であれば狩り開始!となりますね。

さらに、その肉の種類までも特定できるというのですから凄いです。大好物のニングサーモンを特定したり、紅鮭なのか餌の中身まで判断できるんです。もう、ここまで来ると、センサーとレーダーですよね。センサーで獲物をとらえ、レーダーで解析する。ある意味メカですよ。

で も、これだけではありません。そのクリック音は武器にもなります。どういうことかといえば、クリック音を思いっきり凝縮したものをターゲットにぶつけるこ とでターゲットとなる動物は三半規管をやられてしまい麻痺を起してしまうんです。ですから、肉弾戦を行わずとも、これでサメや大型動物を麻痺させて食して しまうんですねぇ。そりゃ、海最強っていわれる理由がわかります。

では、ホオジロザメはどうかといえば、学習能力が高く、前回の狩りの結 果を糧にすることはできますが、魚ですのでシャチほど知能はありません。スピードも30キロぐらいで、確かにそれでも速いですが、シャチと比べると全然追 いつけませんよね。ですから、ホオジロザメは奇襲攻撃を得意としています。

この理屈から、明らかにシャチの方が強いですよね。そうなんで す。実際、シャチの捕食対象にホオジロザメがいます。ホオジロザメの唯一の天敵はシャチで、シャチだけにはかなわないようです。まーシャチは、海の頂点捕 食者ですからね。基本的に何でも食べてしまいます。でも、人間にはなつく、かわいいやつなんですよね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です