パックンマックンの現在。不仲で解散?今は何してる?英語のネタがよかったな。

出典:所属事務所HP

イケメン外国人パックンと日本人のマックンのコンビで一時期人気が出ていたパックンマックン。しかし、今のところテレビで二人揃って番組出演する機 会がめっきり減っていることは間違いではないですよね。今はどんな感じなんでしょうか?そこで、今回はパックンマックンを掘り下げていきます。

プロフィール

  • コンビ名 パックンマックン
  • 結成 1997年

メンバー

パトリックハーラン

  • 生年月日 1970年11月14日
  • 出身地 アメリカコロラド州出身
  • 出身大学 ハーバード大学 比較宗教学部卒業

吉田眞

  • 生年月日 1973年3月26日
  • 出身地 群馬県富岡市
  • 出身高校 群馬県立吉井高等学校 卒業

パックンマックンの現在?

仕事は減ったものの、細かく仕事をしています。2人での仕事は、ニコ生でのレギュラー放送やライブなどをしています。その他の仕事はマックンのみの物やマックンのみの物などがあります。

sp1

学歴で判断してはいけないのですが、やはりパックンのハーバード大学卒業の経歴が光っているからなのか?圧倒的にパックンの仕事の方が多いです。アメリカ人という事もいい方向に働いているようです。

一方マックンの方は、「うたなび!」(東京MX)や、放送はされているが不定期の放送スケジュールの番組が多く、あまり世間に活躍をアピールできてはいません。

sp1

不仲で解散?今は何してる?

 

基本的には、解散はしていませんというのが答えです。コンビとしての活動も今現在も行っていますが、何せテレビへの特に全国ネットへの露出が少ないため、世間的には消えた芸人とされているかもしれません。コントや漫才の番組自体も減ってますし、大変ですよね。

しかしながら、上の項にも書いたようにコンビでテレビに出る事は少なくなってはいますがコンビとしての活動は継続中で毎月ライブ活動なども行っています。確かにコンビ間の格差は否定できません。

英語のネタがよかったな?

パックンマックンの場合は、基本主導権はパックン一応ボケはパックン、突込みはマックンとなっていますが、ボケた時に突っ込みを入れる事が出来ないようです。そのため漫才の形にはならずに毎回困っているようです。

ですが英語のみでの漫才ネタもあるなど、知的レベルの高いコンビであることが随所にうかがえますし、本人たちが目指しているところは漫才で世界進出という事ですが近い将来実現できそうです。

まとめ

漫才コンビが消えたとされてしまう理由は、テレビ局が集中的に使って飽きてしまいポイ捨てしてしまう事が、原因の一つで極端に見る事が出来なくなるために居なくなったと言われてしまいます。

しかし、テレビという場所は無くなってもライブという舞台で頑張るお笑い芸人は確かに存在します。今回のパックンマックンを見てそう感じてしまいました。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です