さかなクンの伝説。あの帽子は売ってる?発達障害の噂は本当?

出典:さかなクンオフィシャルサイト

さかなクンの今回は、逸話つまり伝説を調べながらさかなクンの身辺を掘り下げて行きたいと思います。

プロフィール

  • 芸名 さかなクン 〈本名 宮沢正之〉
  • 生年月日 1975年8月6日
  • 血液型 ?
  • 出身地 ?
  • カテゴリー イラストレーター 魚類学者 タレント

さかなクンの伝説

さかなクンは、魚についてだけ詳しい訳ではないという事が少しの驚きを運んできます。まず、父親がプロ騎士なのでさかなクン自身、段位などは取得していませんが、プロ騎士レベルの強さを誇っているようです。

sp1

子供のころから将棋よりも魚の方に興味の矛先が向いたので、将棋は諦めたのか?それとも自分に才能がないと感じたのかは定かではありませんが、プロ騎士にはなりませんでした。ひょっとしたら羽生名人などの天才棋士と対決していた可能性もあります。

中学時代は、水槽学と吹奏楽を間違えて吹奏楽部に入部したのですが、なんと担当したサックスで金賞を獲ったほどの腕前です。これも一足間違えば音楽の道で食べて行ける可能性もあったという訳です。

この他、ギネス記録を持っている事でも有名そのギネス記録が何と「人類で最も魚を食べた」というもので、実に3228種類に及びます。魚の知識を生かし映画版の釣りバカ日誌の初代から魚について監修しているようです。

さかなクンという芸名を使わずに、宮沢正之という本名で活動しているようです。そのため映画を最後まで見てエンドロールを見ても関わっていることは本人しかわからないという状態のようです。

もし、お時間のある人は映画版、 釣りバカ日誌を一度最後まで鑑賞してみる事をお勧めします。

あの帽子は売ってる?

さかなクンのトレードマークというと、ギョギョという言葉と同時にハコフグをイメージした帽子が印象に残る人が多いと思います。あの帽子販売されているのか?そう考える人も居るかと思います。

残念ながら、さかなクンのあの帽子は販売されていないようです。実はさかなクンはあの帽子を特注してもらっているようで5つのバージョンが存在すると言います。学帽スタイル、白衣に合せたスタイル、カジュアル用、水中用、冬用、等があり、TPOに合わせて使い分けを行っているようです。

しかし、あの帽子は子供が被っていると可愛いかもしれないのですが、大人が被ることは個人的には推奨できない程の独自性のあるデザインですね。

sp1

因みに、帽子は売っていないのですがバンダナは販売されているようです。これはインターネット通販のアマゾン等で販売されています。帽子についてはニーズがあっても少ないので販売までには至らないのかもしれません。至る所で帽子が欲しいというリクエストが上れば販売される可能性も高くなります。今のところはニッチなニーズという事なのかもしれません。

さかなクン なりきりバンダナ

発達障害の噂は本当?

さかなクンについては、発達障害という噂があります。その根拠は異様なハイテンション、淀みなく続く喋り、等から鑑みて発達障害ではないかと噂が立っています。しかし、本人が認めている訳でもないのであくまで噂なんです。

しかし、アスペルガー障害や、ADHDなどの障害があるのかもしれないとインターネット上では噂になっています。確かに多動性が見受けられるし、ある一つの事柄に固執するなど少し普通の人とは違った動きがあるのでそういった噂が立つのだと感じました。

ある意味天使肌と言われている人は、何だかの障害があったと言われています。しかし脳は不思議なもので障害でダメな部分も他の機能が発達しカバーする特性があるようです。

よく、芸術家タイプの人は音楽や画については素晴らしいのですが、普通の人が出来る事が不得意という事がありますが、恐らくこれは脳のそう言った特性が生かされているからだと感じました。

まとめ

人には色々な経歴や特技がある事またそれを活かさずに、魚に興味が集中しとても素晴らしい成果を出しているさかなクンを今後も見守りたいと思います。

さかなクンの本名。結婚してる?いじめられてた?茅ヶ崎事件って何?

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です