目やにが多い原因は鼻水や風邪?市販の目薬で治る?子供の場合は?

私は今では数少ない?ハードコンタクトレンズの愛用者です。朝起きて顔を洗って、いざコンタクトレンズを入れようとしたときに、うまく洗い流せてな かった目やにがコンタクトと目の間に引っ付いて「痛いっ!」ってなることがたまにあります。一日のスタートがこれだとけっこう凹むんですが、目やにってそ もそも何なんでしょうね?今日は目やについて調べてみました。

そもそも目やにって何?

目やにってそもそも何なんでしょう?寝起きで目に引っ付いている分泌物のカスかな、というイメージですが、調べてみると2パターンあるようです。

1.目の通常の代謝でつくられる目やに

目も身体のほかの部分と同じように代謝をして、古くなった細胞を入れ替えています。朝起きたとき、目頭や目尻にみられる少量の目やには、正常な代謝活動でできた老廃物です。

sp1

出典:http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/selfcheck/eye_mucus/

老廃物ということで、大体のイメージとしては合ってましたね。起きているときは、目の瞬きによってこの老廃物は涙と共に流れ落ちているですが、寝ている間は当然ですが瞬きは出来ないので、それでカスが溜まってしまうようです。これら正常な目やにです。

2.目の炎症でつくられる目やに

  • 細菌による感染が原因の場合・・・黄緑色でドロっとした膿状の目やにが出ます
  • 花粉症などのアレルギーが原因の場合・・・涙のようにサラサラした水状の目やにが出ます
  • ウイルスによる感染が原因の場合・・・白くネバネバと糸を引いたような目やにが出ます

出典:http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/selfcheck/eye_mucus/

こっちは、ちょっと病気?といった感じの目やにですね。目やが明らかに通常と違う色や形状をしていますので、何らかの異常があると思って間違いないでしょう。

多くなる原因は?

風 邪を引いたときなどはやたら目やにが多いな~と思うと思います。確かに風邪を引いたときには鼻が詰まりますから、本来鼻を通じて出るはずだった老廃物が鼻 からでなくなって、繋がっている目の方に一部溢れて出てしまうということだと思います。上記1.の目の炎症でつくられる目やにの場合は、おそらく風邪から来る鼻水は一因になっていると思われます。しかし、上記2.の目の炎症でつくられる目やに場合は、それぞれの原因と思われる症状が酷くなっていることだと思います。この場合は、日常生活にも支障が出てきていると思いますので、何らかの対処が必要です。

sp1

どうやって治す?市販の目薬でも治る?

風邪で単純に目やにが多い場合は、風邪が治るのを待てばいいですが、目の炎症による目やにの場合は、待つだけでは治りませんので対処が必要です。まず筆者のようにコンタクトレンズの使用者は、使用をやめてメガネなどに切り替えて目を休ませましょう。その後、基本眼科に行った方が確実だと思います。とはいっても忙しい方もいらっしゃると思います。炎症の症状によっては市販の薬などで治る場合もありますので、以下を参考にしてみてください。

  • 黄緑色でドロっとした膿状の目やに ⇒ 抗菌作用のある目薬で対応可能
  • 涙のようにサラサラした水状の目やに ⇒ かゆみを抑える抗ヒスタミン剤入りの目薬で対応可能
  • 白くネバネバと糸を引いたような目やに ⇒ 今のところ特効薬は無し 眼科での適切な診断が必要

基本上2つの場合は、市販の目薬でまずは対処してみても良さそうですよね。ただ、油断大敵なので、時間に余裕があるようなら繰り返しになりますが、眼科に行くことをおすすめします。

子供の場合はどうする?

小さい赤ちゃんやまだ学校に行く前の小さいお子さんの目が目やにでびっしり!なんてこともあると思います。基本的に大人と対処に仕方は一緒ですが、風邪が原因の場合は、まだ目の周りがデリケートなんで、綿棒やぬるま湯を浸した布なんかで目もまわりを拭いてあげてください。また、鼻が詰まっていると目やにが増える原因になりますので、洟を吸い取る器具などで通りをよくしあげましょう。

また、明らかに目が真っ赤に充血していて、且つ目やにがびっしりという場合は、炎症していると思われます。市販の薬は、赤ちゃんの量に合っていない可能性もありますので、なるべく眼科に連れていって早めに対処しましょう。結膜炎などをになると大変です。

まとめ

目やにがちょっと多いな?とか色が違うな?と思ったら、それは体調の変化のサインでもあります。早めにケアを心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です