B型肝炎訴訟って何?給付金が受け取れるって本当?

B型肝炎訴訟という言葉は知っていても、どういうものなのかとなるとわからないことが多いですよね。今回はB型肝炎訴訟について考えます。

B型肝炎訴訟とは

子どもの頃に受けた集団予防接種等で、注射器が連続使用されたことによって、B型肝炎ウィルスに感染したとされる方々が、国に対して損害賠償を求めて、集団訴訟(B型肝炎訴訟)を起こしたのが始まりです。

この訴訟については、裁判所の仲介の下で若い協議を進めた結果、平成23年6月に国と原告との間で「基本合意書」及び基本合意書の運用について定めた「覚書」を締結して基本的な合意が行われました。

sp1

数字で見る感染者

国内のB型肝炎の持続感染者は、110~140万人いると推計されています。このうち、昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種の際に、注射器が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウィルスに持続感染した方は最大で40万人以上とされています。

給付金の対象者

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに集団予防接種等(平成23年7月1日~昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウィルスに感染した方とその方から母子感染した方。

対象者の認定

給付の対象となる方の認定は、裁判所において救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき確認していくこととなります。このため、この給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行う必要があります。

sp1

給付金を受け取るための流れ

<証拠資料の収集>

救済を求める方は、救済要件を満たしていること及び、病態を証明するため、医療機関なだから必要な証拠を収集する必要があります。

<裁判所にて>

  • 訴訟提起・・・国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起します。
  • 和解協議・・・国との間で和解協議を行います。(この際、追加で必要な証拠を提出します)
  • 和解成立・・・救済要件を満たしていることが証拠で確認できた方は。国との間で和解調書を取り交わします。
  • 社会保険診療報酬支払基金・・・和解が成立した方が請求書を社会保険診療報酬支払基金に提出し、同基金から給付金が支払われます。

給付額は?

  • 死亡・肝がん・肝硬変(重度)・・・3600万円
  • 肝硬変(経度)・・・2500万円
  • 慢性B型肝炎・・・1250万円
  • 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方で、現在も慢性肝炎の状態にある方等・・・300万円
  • 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方で、現在は治癒している方・・・150万円などとなっています。

あとがき

今、提訴者数は約1万5千人ぐらいとされています。まだまだ救済が進んでいない現状のようです。ここでは極簡単に書かさせて頂きましたが、手続きが面倒ということもあるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です