NHKアナウンサー井上裕貴は結婚してる?身長や性格、アムウェイって何?

NHKの若手アナウンサーでもある井上裕貴さん。今回は色々と周辺を掘り下げて行きたいと思います。

プロフィール

  • 氏名 井上裕貴
  • 生年月日 1984年10月9日
  • 血液型 ?
  • 出身地 兵庫県 神戸市
  • カテゴリー NHKアナウンサー

結婚してる?身長や性格、アムウェイって何?

結婚については、現在もしていないようです。まだ年齢が32歳と言うこともあり世間的に晩婚化が進んでいるため、もう少しの間独身の期間が続くのでは無いかと思います。30代というと仕事も、ある程度自分本位に回るようになりやりたいことも出来る人生の中で面白い時間帯かもしれません。

身長については、調査しましたが出てきませんでした。アナウンス技術と身長は関係ないからプロフィールに掲載していないのかもしれません。今後、担当する番組の会話の中で身長に関する話が出てくるかもしれません。

sp1

NHKの自身のプロフィール紹介の中で、モットーとして掲載されているのがあせらず、たゆまず、おこたらず、とありました。おこたらずについては個人的な推察として準備をおこたらないこれは大切なことです。

番組を担当する場合、その日番組で取り上げる内容をしっかり理解しておくことで良い番組を作る事が出来るのでそれがしっかりと出来ていると感じました。もう一つはあせらない。

あせっていてもそれが他人に悟られない人がいます。いつもどっしりとしていると思う人です。しかし井上アナウンサーもあせったりする事はあるはずでです。あるからこそそうならないようにやっていかなければならないと思っているのでしょうか。

たゆまないとあります。これは緩み無く生きると言うことを意識しているため性格的には自分に厳しい人と言えます。そうして自分を律していかないとどうしても人は楽な方に流れる性質がありますし、それも仕方の無いことです。

さて、井上裕貴アナウンサーがどの様にしてNHKのアナウンサーになって行ったか?について書いていきます。高校まで父親の仕事の関係でアメリカに住んでいたという帰国子女ですね。

この影響か?物を考えるときにアメリカ人脳と日本人脳の両方で考える特技を身につけたようです。これによりどの様な特や損があったのか知りたいところではありますが、今の所はそういった事例はないようです。

考え方を2つ持っていると言うことはとっさの時にこんがらがってしまいそうですね。しかし、長年暮しているとそういったスキルが自然に身につくのかもしれません。

sp1

その後、慶應義塾大学に入学しボート部に在籍していました。アナウンサーを志したきっかけは、大学時代の恩師から「あなたはアナウンサーに向いていると思うから受けてみたらどう?」とアドバイスを受けたことがきっかけのようです。

また、背景に井上裕貴アナウンサーの母親もアナウンサーを目指していたこともあり、深層心理の中にそういった思いがあったのかもしれませんね。また子供の頃NHKの国際放送で見たクローズアップ現代の国谷裕子アナウンサーの姿を見てアナウンサーへの思いが強くなったといいます。

2007年にNHKに入局して最初の赴任地は松江、NHKのアナウンサーは東京へ配属される前に地方局でアナウンス技術を磨くためか、番組を担当する事になります。全国にレベルの高いアナウンサーが控えていていつでも東京配属を待っているという事になります。

最後に井上裕貴アムウェイとあったので検索してみましたが、NHKのアナウンサーである井上裕貴さんとは無関係な物でした。同姓同名のMLMで成功された方のようです。どうやら同姓同名のため良く検索されているようです。

まとめ

色んな意味で注目されている存在と考えても良さそうです。今後はバラエティーやニュース番組のメインMCなどNHKアナウンサーとしてやっていないことがまだまだありそうです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です