就活男子の髪型の注意点。長さはショート?おでこは出すが好印象?

就活男子に必要なことは何があるのでしょうか。今回は髪型を取り挙げて長さはショートが良いのか?おでこは出す方が好印象なのか?具体例を挙げてご紹介したいと思います。

就活に好印象の髪型は?

爽やか系が流行る昨今、就活男子にもどうやら求められているようです。就活男子は加えて清潔感がポイントとなります。面接などで一番目につくのが髪型です。第一印象を良くするにはどうしたら良いでしょうか?

<長さ>

前髪は眉毛にかかるくらいか、短めの方が良いようです。

style2

出典:http://ameblo.jp/hairmake-lipps/entry-11632142599.html

サイドは耳にかかるかかからないかぐらい、微妙ですが・・・。

style3

出典:http://ameblo.jp/hairmake-lipps/entry-11632142599.html

襟足は襟にかからない長さを心掛けましょう。

注意すべきは長髪ですね。長すぎる前髪はとても目立ちますので、あまり好印象を与えません。

<おでこ>

おでこにこだわるのは、おでこを出すことで活発さを表現出来るからです。オススメとなっています。もう1つ目立つのは髪色ですね。前髪やおでこをばっちり決めたのに、髪の色が茶髪では残念なことになります。黒色かダークブラウンの落ち着いた髪色にしましょう。

就活における身だしなみの注意点

就活は長丁場です。短く終わらせたいのは山々ですが、中々そうはいかないのが現実です。そうなると日々を忙しく、バイトだ、就活だとしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。そこで怠りがちなのが髪型です。

髪が長くなって面接の前に慌てて美容室へ駆け込んだ・・・なんてことにならないように、やはり日頃の習慣は出てしまうものなので、よくよく頭に入れて置いて常に身だしなみを整えて置きましょう。誰が見ているかわかりませんしね。

sp1

ファッション誌でなく、ビジネス誌を参考に!

最近は雑誌もいろいろ出ています。就活においてもファッション誌を見がちですが、ではなくビジネス誌を参考にしましょう。おしゃれでありたいのは最もで最新のファッションを取り入れたいのもよくわかります。ですが、面接時は横に置いてく必要があります。ビジネス誌に出ているモデルさんなどを参考に髪型を決めるようにしましょう。そこが見落としがちな点となります。

フケがスーツに落ちてませんか?

スーツなど、黒色を基本として濃い色を着ていますと、フケにも注意しなければなりません。これは面接でなくても男子としてのエチケットですね。出かける前、面接の前は念のため手鏡でチェックしましょう。

寝癖も注意!

フケと合わせて注意しなければならないのは、寝癖ですね。つむじの潰れや外はねはパッと見た瞬間に、「身だしなみに気をつけてないな」と思われてしまいます。細かいたった1つのことが命取りとなることもありますから、やはり習慣づけて日頃から外出時は自分をチェックすることが大事です。

ワックスは無香料のもので!

そこで続けて気をつけなければならないのは、寝癖が・・・と思ってヘアワックスなどのヘアケアグッズを塗りたくってしまうということ。整髪料は欠かせないアイテムではありますが、正しく使わなければ何もなりません。整髪料の匂いがキツイことで香水と間違われることもあり、逆に悪印象を与えてしまいます。なので無難なのは無香料のものを使うことをオススメします。

ヒゲはNG!

ひげを伸ばすのはもちろんNG!伸びるのが早いと言う人は、電気シェーバーを持参しましょう。その方が精神的にも安心ですよね。

髪が薄くても堂々と!

髪の量が気になる方の場合は、得てしてコンプレックスを持っていることが多いです。それで何となく伏し目がちになるというか、自信がないように見えてしまう、それはもったいないことです。逆手に取って外見的なコンプレックスを跳ね返すくらいの自分アピールをすれば、面接官におや!?と思わせて記憶に残ることになるかも・・・。物は考えようであり、前向きな人に前向きな結果が与えられるものです。

あとがき

良い印象を与えるポイントとして、爽やか・清潔感・活発、この3点が挙げられます。そこを軸に後は1つ1つの注意点に気をつけて、就職活動を頑張って下さいませ。ファイト!です。

ヘアスタイルも大事ですが、当然、中身も大事です。資格取得などで就活を有利にしましょう。



スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です