コーヒー飲みすぎは体に悪い!その理由はカフェインにあった。

コーヒーは誰でも飲むようなポピュラーな飲み物かと思います。私も毎朝起きたら目を覚ますために コーヒー、パソコンをするときなど眠気を覚ますためにコーヒーを飲んだりします。

私以外にも事務職にいる方なら仕事中にコーヒーを飲んだりするかと思います。更にはそのコーヒーと いうものが健康にいいと言われていることを信じてはいませんか?まあ、まんざらでたらめな話しではありません。

だけど、何故、コーヒーが健康にいいといわれるのでしょうか?

sp1

まず、コーヒーには含まれる健康効果が期待できる代表的な成分は、カフェイン、ポリフェノール、ビタミン類といったものです。カフェインを摂取することにより、脳に刺激を与え、覚醒、記憶といった認知機能の向上、更には新陳代謝を高めるため肥満予防にもなります。

ポリフェノールを摂取することで抗がん効果の期待ができます。さらには、ビタミン類の抗酸化効果で一見すると健康には良いものだと思われるのです。ところが。。。

健康に良いといわれる食品な何においてもそうなのですが一面的な部分を見て「これは健康にいいです!」と主張するものが多いのです。つまりは…あまり、劣っている点は見ないのです。

例えば、コーヒーの他に一見すると健康にいいと思われるのがワインです。ワインは葡萄のポリフェノールがたくさん含まれているためたくさん飲むとガン予防になりますよといわれているのです。しかし、よく考えてみてください。

ワインという飲み物には、アルコールが大量に含まれています。それをがぶ飲みして健康にいいのでしょうか?
ダメですよね。百薬の長といわれている酒ですが、そのアルコールも体の中にいる必要な菌をアルコールで殺してしまったりするので少量でも結局は体に良いものだとはいい難いのも事実です。

ですので、結局はワインの飲み過ぎは体を壊してしまいます。

同じくコーヒーも飲みすぎることにより、カフェインの大量摂取を行ってしまいます。確かにカフェインは脳を刺激することにおいては健康によい飲み物です。ところがその過剰摂取は、医師の間でも指摘されるほど健康に悪影響を及ぼすほどなのです。子どもにおいては、成長の阻害、睡眠の阻害になるため飲むことはオススメできないもの。

妊婦の場合は、摂取することで胎児へカフェインが送られ負担がかかります。その負担も大袈裟なものではなく、カフェインが原因で死んでしまうことあると言われるほど、胎児にとっては非常に強い毒なのです。そのため妊婦はカフェインを摂取するのは控えるべきなのですが…

通常の成人の男女もカフェインの過剰摂取は、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、下痢、吐き気といった症状が出るといわれているのです。さらに、カフェインには利尿作用があることで有名ですよね。夏に2リットルボトルのウーロン茶を飲むと尿が近くなって仕方がない…なんて経験はありませんか?利尿促進の作用があるのですが、同じくカリウムというミネラルも利尿作用があるのです。

sp1

ただ、カフェインがカリウムとことなるのは、利尿時のカルシウムの排出量が多いとこうことなのです。つまり、カフェインを摂取しすぎると尿と一緒に多くのカフェインまで排出してしまうのです。つまりは、骨粗鬆症、怒りっぽくなる、などの健康被害も懸念されるわけです。

では、カフェインは摂取していけないのでしょうか?

もちろん、摂取していけないというわけではありません。
ただ、現代社会ではあまりにも摂取量が多い大人たちがいるというので問題視されているというだけです。ボケ防止、代謝アップ等の健康効果が期待できるので摂取すること自体は問題ありません。

けれども、摂取量に注意してほしいんですね。
あくまでのおおよそではありますが、150ミリリットル当たりのドリップコーヒーに含まれるカフェインは100ミリグラム、これがインスタントコーヒーの場合は、65ミリグラムといわれています。

ですから、結構な量なのです。
カップ一杯が300ミリリットルだとすれば、インスタントコーヒーでも130ミリグラムのカフェインを摂取することになります。ドリップコーヒーの場合は200ミリグラムのカフェインを摂取してしまいます。

ちなみに、日本人の平均摂取量は、一週間で10.9杯ということなのでそこまでがぶ飲みしているとはいえずいいとは思うのですが…飲む人はものすごくコーヒーを飲むので、コーヒー好きな方には少し意識していただきたいです。

これも、文化、風土の違いから国によりコーヒーに対する考え方が違う部分があるのですが、先進国の公的機関が発表したカフェインの一日当たりの摂取量をまとめてみました。

健康な成人男女・・・400ミリグラム(1日)
妊婦・・・200~300ミリグラム(1日)

です。

たとえば、甘いもの好きな方は、300ミリリットルペットボトルのコーヒーを飲むかもしれません。筆者も、あれは1日杯だけ飲みます。その時点で、130グラムから200ミリグラムのカフェインを摂取していることになります。ペットボトルの
微糖の場合はかなり甘いので糖尿病も気になるのですが…せめて一日一本程度にしておくことをオススメします。

自宅でインスタントコーヒーを作ってがぶ飲みしているというのであれば一日せめて1杯~3杯程度におさせておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です