どうしてる?妻にはばれないサラリーマンのへそくりの貯め方

サラリーマンの方々のお小遣いが4万円前後という統計を見ました。中々と厳しいお小遣い事情が垣間見えますが、4万円なら良い方だと思われる方もいらっしゃるでしょう。今回はそうした中で、どうすれば奥様にばれないようにへそくりを貯めることが出来るのかをご紹介します。

自分の口座を作る

いろいろ見てきた中で皆さまがよくされている方法は、奥様には内緒で自分の隠し口座を作るというものでした。お小遣い制の場合はその中から月々いくらかずつを貯金しておくというものです。また、こんな方もいました。何かの集まり、歓送迎会などがある度に少し多めに金額を奥様にお願いをして、その差額を口座へ入れておくというものでした。その時の注意は、あまりに多く要求しますと怪しまれる可能性が高くなるので、500円~1000円くらいがベターとのことです。こうして調べて行きますと、サラリーマンの方の地道な努力に脱帽します。

sp1

食事代、たばこ代など分野ごとの見直し

へそくりを作り出すということは、何かの支出を抑えて捻出するのが一般的な方法です。その時に日々の生活習慣にも関わることになりますが、1つ1つの分野の内容を見直して見るということです。どういうことかと申しますと、食事代1つとっても、そのメニューを1000円近くのものにするのか、ワンコインに抑えるのか、ここで500円の差が付きます。

たばこ代の場合は、禁煙は出来なくても減らす努力は出来るのではないでしょうか。例えば、ヘビースモーカーで朝2本吸っていたとして、そこを1本にします。寝る前に1本吸っていたのを寝る前はやめるとか、こうした1つ1つのコツコツした努力は積もれば大きな実となり得ますよ。それで何十万も貯めたという掲載もよく見かけました。日々の積み重ねで気が付いたら貯まっていたというのは理想ではないでしょうか。

会社でついつい缶コーヒーを買ってしまう、そんな時もそこをインスタントコーヒーに切り替えるだけで差額が出てきます。今は会社内でバリスタなどコーヒーマシンが置いてあるところもあります。仮に1回50円としてもこちらもかなりの差額になりますよね。こうして1つ1つ出費する項目を見直してみるのです。

趣味の支出を抑える

どうしてもたばこ代を減らすのは譲れないという方、たばこ代を減らしても趣味にお金をかけたいという方、使い道はさまざまですよね。大体、食事代、たばこ代を減らすよりも、一気に趣味のお金を減らした方が額は大きいのがほとんどです。結構趣味ってお金がかかるものです。

sp1

ここで目標を立てる、ルールを決めることにも繋がりますが、例えば1か月置きに趣味に使うお金を抑えるとか、月に1度など回数を決めてその時を大いに楽しむとか、これだけのへそくりを貯めるためにと長期の計画を立てるなど、それぞれご自分に合った支出の抑え方を工夫してみてはいかがでしょうか。

オークションの活用法

要らないものを処分する時に、そのままゴミに出してしまえばお金にはなりません。処分する前にオークションに出せるものかどうかを見直しましょう。同じ出すならば少しでも臨時収入になった方が嬉しいですよね。その臨時収入をへそくりに回すことが出来ます。

先日のテレビ番組でどんどん要らないものをオークションに出して、相当の額になっていたのを見たことがあります。今は写真に撮って、スマホで簡単に参加出来ますから便利ですよね。

また、フリーマーケットの利用もあります。フリマというと女性のすることと思われるかも知れませんが、参加する人は男女問わず年齢も関係なく幅広いです。近くでフリマがあるのか、情報をコマ目に入手することが必要です。イベントの際はフリマを行っていることも多いので、地域の情報誌、フリーペーパーなどに目を通す習慣をつけることをおすすめします。

あとがき

奥さまが財布を握っている場合が多いと思いますが、そうするとご主人がへそくりをするのはかなり至難の業なのかなとお察しいたします。やはり奥さまの方がへそくりは貯めやすいのではないかと推測します。ですが、自分に合ったへそくり法を見つけることで可能となりますから、あきらめないで!地道にコツコツと貯めてまいりましょう。

壁掛け 時計型 隠し金庫 へそくりに最適

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です