車検の費用の払い方。分割・後払い・ローン・カード払いは出来るか調べてみました。

車は地方などでは特に必要不可欠な必需品です。車代はもちろんのことですが、維持費にもお金がかかります。家に次いでの贅沢品である所以ですね。車の維持費と言えば車検です。車に乗ろうと思えば車検しなければいけませんが、今月出費が多くてさらに車検の満了が近づいてる、という時焦りますよね。車検の費用の払い方はどうすれば良いのか、カード払いは可能なのかなど、今回は車検費用にスポットを当ててご紹介してまいります。

車検費用の内訳は?

車検費用と一言で申しますが、その内訳はどのようになっているのでしょうか。内訳は2種類で、全国共通の車検の依頼業者の利益にならない法定費用と呼ばれるものと、業者さんの収入になる諸費用とがあります。

sp1

法定費用には、自動車重量税・自賠責保険料金・検査手数料の3つがあります。この法定費用は、ほとんどの場合分割払いやカード払いは出来ません。現金の前払いが主流となっています。諸費用というのは、整備費用・車検代行料などです。

車検代を払う方法は?

では、車検を払う方法として、どういうものがあるのでしょうか。車検ローンやクレジットカードを利用する、ユーザー車検を利用する、カードローンを利用する方法があります。では1つ1つ詳しく見てまいりましょう。

車検ローンの利用

車検ローンは大体名称がマイカーローンとなっています。車を購入する時だけではなく、修理費用や車検費用も利用できるのが特徴です。ここで一口メモをご紹介します。マイカーローンにオートローンと名称が飛び交うのですが、果たして同じなのか、この違いは何なのか。気になりませんか?少し紐解いて見ます。

マイカーローンの場合、銀行や信金などが取り扱うカーローンを借りるというものです。他のカーローンと比較すれば、一番金利は優遇されていますが審査条件が厳しいです。一方のオ-トローンは、整備工場やディーラーで準備されているサービスです。ほとんど信販会社が融資先となります。審査が通りやすいのが大きな特徴です。

クレジットカードの利用

クレジットカード払いは出来るのかという事で調べてみました。法定費用、いわゆる税金の部分は、中小の取り扱い事業者によっては全てをクレジットカード払いが可能という場合もありました。大体は現金支払いが主流なのですが、時代の変化によってクレジットカードでの支払いの幅が拡がって来たと言えるかも知れません。あくまでも車検を頼む店舗次第というところが大きいので、事前に相談しておく必要があります。

sp1

クレジットカードのメリットと言えば、まとまったお金が必要ないことですね。分割払いですから支払いの金額が少なくて済みます。ですが、法定費用以外でも全ての業者が分割払いに対応している訳ではありません。また、分割払いにしますと金利や利息がかかるので、金利分がもったいないという気持ちが湧いてしまうことも否めませんね。

最後にクレジットカードの魅力を2つご紹介します。それは後払いが出来るという事がです。例えば、その月の25日締めとしれば、次の月の25日の支払いという事が可能となります。1か月の猶予があるのは助かります。また、月末締めですと翌月の月末支払いという流れになります。そして、今のクレジットカードでは、ほとんどポイントが付いてきます。車検代は大きいですからポイントがたくさん溜まりますからお得ですね。

ユーザー車検の利用

ユーザー車検というのは、車のユーザーが直接車検を通します。陸運局への申請となり、予約、申し込み、書類の準備などは全て自分で行わなければなりません。その代わり、車検代は安く抑えることが出来ます。現金扱いのみですから、カード払いや後払いは出来ません。少しハードルの高い車検となるので、女性には難しいかも知れませんね。

カードローンの利用

カード会社で車検費用を借りるという方法です。消費者金融か銀行のカーローンですね。例えば、アコムやプロミスは代表的な消費者金融です。銀行では三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などがあります。難点は金利の高さです。金融機関のマイカーローンに比べますとどうしても高くなってしまいます。

ローンでのメリットとデメリットのまとめ

ここまででわかりやすくローンの支払いケースをまとめてみましょう。

店舗窓口のローン

車検代をローンで組めて、手続きを全てしてくれて楽ではあるが、取扱店舗が多くなく、金利がそれほど低くはない。

金融機関のマイカーローン

金利の低さが断トツではあるが、審査基準が厳しい。

カードローン

審査に通りやすく、融資までのスピードが早いが、金利が非常に高い。

あとがき

どうしても一長一短はあるもので、ご自分のご家庭ではどれが最良の車検費用の支払い方法かをご検討下さいませ。今回ご紹介した中で、一つでもご参考になれば幸せます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です