デリケートゾーンにできた黒ずみを解消する方法とは?

デリケートゾーンにも黒ずみができやすいですね。そして、デリケートゾーンにできる黒ずみでお悩みの女性も多いのも事実。また、場所が場所ですのでなかなか人に言いづらいのです。

彼氏や旦那さんとの営みの最中にデリケートゾーンできた黒ずみを見られたら非情に恥ずかしいなど、一人で悩みを抱えている方もいるのでは?それに、いつも、そこにある黒ずみを見てしまうとうんざりしてしまうなんてことはありませんか。

遺伝や人種、体質によって黒ずみを起こしやすいというケースもございますが、もともとデリケートゾーンは黒ずみやお肌のトラブルが起きやすい所でもあります。

sp1

一度、黒ずみができてしまうと、日常のケアで改善することは可能ですが、長期間の治療が必要になります。しかし、毎日簡単にできる基本的なケアを長く続けていればある程度の解消は可能ですので是非実践していただきたいです。

簡単にできるデリケートゾーンの黒ずみ解消法

とにかく、黒ずみができる一番の原因は、外部刺激によるものがほとんどです。脇に関しても、剃刀等で剃るから肌が黒ずみやすくなるのです。特に、デリケートゾーンの場合は、お風呂に入る以外は、衣類、下着で圧迫されている状態です。また、蒸れやすい場所でもありますのでそういう意味でも刺激を受けやすいです。

しかし、そのようにいいましても、まさか、裸で生活するわけにもいきません。もちろん、人によっては女性でも家の中にいるときは常に裸でできるだけ刺激を与えないようにしている方もいらっしゃいますが、なかなか難しい話しです。

ですから、当然、裸で生活しましょうとはいいませんが、刺激を与える原因となる下着や衣類に気を使ってほしいのです。体に強い刺激を与えるものではなく、絹や綿などの、通気性も高く、刺激も少ない比較的やさしい素材を使用しましょう。

また、ビキニラインに黒ずみができることも多いです。そういう場合はそれを隠す意味でもボクサーパンツ型のショーツを使用することをオススメします。完全にビキニラインの黒ずみを隠すことが可能です。

美白クリームやクリニックでの解消法

デリケートゾーンは厄介な場所で、顔周辺などと比較しても黒ずみがなかなか改善しにくいのです。顔であれば、継続的に、化粧水などを使用していれば、結果も見えてきます。

ところが、デリケートゾーンは、もともと、メラノサイトの影響を受けやすい部分でもありますので、なかなか結果も表れにくいのです。もちろん、先ほどの方法を継続していれば少しずつではありますが結果も見えてきます。

sp1

しかし、遠い話になるので、オススメなのはやはり、クリニックで治療してもらうことです。これであれば比較的早く効果が見えてきます。クリニックではチノイン酸クリーム、ハイドロキノンクリームといったメラニンの合成を完全にブロックする薬品を処方してもらえます。もちろん、最近ではこれらは市販でも購入できるようになっていますが、クリニックをオススメする理由としてもう一つがレーザー脱毛をしていただけることです。

レーザー脱毛で、デリケートゾーン周辺の毛を処理してもらい、さらには、黒ずみも消してもらえます。そのうえで、メラニン合成をブロックするクリームを使用するのが一番良いことかと思います。

ただ、レーザー脱毛は結構高額になります。デリケートゾーンの場合、総額は25万ぐらいが一般的といわれています。そこまでのお金は投資できないのであれば、とりあえず、市販のハイドロキノンクリームやチノイン酸クリームを市販で購入して使用してみるのもいいかもしれません。

また、デリケートゾーン周辺の脱毛を処理することで、生理の経血による、ナプキンかぶれ、発疹などを回避することも可能です。結果的に黒ずみを作りにくくもなるのです。

最近では分割決済も対応しておりますので、一度、女性先生がいるクリニックで相談してみると良いかと思います。相手が女性であれば、デリケートゾーンの相談も気軽にできるかと思います。

 

[amazon]純 ハイドロキノン5%配合 ランテルノ ホワイトHQクリーム 日本製

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です