小顔ローラーの正しい使い方。基本からもう一回教えます。

出典:パナソニック ローラー式美容器 温感エステローラー ピンクゴールド調 EH-SP31-PN

小顔ローラーを愛用している方も多いと思いますが、何となく使っていませんか?ローラーにも種類によって効果が違います。間違った使用をしないために、今一度小顔ローラーの正しい使い方を紹介します。

ローラーの種類と選び方

sp1

美肌を目指すなら「スティックタイプ」

スティックタイプの多くは、ローラーの部分にプラチナやゲルマニウムなどの金属が埋め込まれていたりコーティングされています。この金属がマイナスイオンを発生するので、新陳代謝を高めることが期待されます。イオンバランスの崩れは肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れを生じさせますので、あらゆる肌トラブルの原因となります。健康的な肌を目指したい方はゲルマニウムの美顔ローラーを使うと良いでしょう。

小顔を目指すなら「Y型ボールタイプ」

このタイプは肌へ与える力がスティックタイプよりも強くなります。リンパの流れを促すのに適しているので、小顔効果を求める方はY型ボールタイプを選ぶと良いでしょう。マイクロカレント(微弱電流)やEMS(低周波の筋肉刺激)などの電流による刺激を利用しマッサージ効果をアップさせるものや、エステティシャンの手技に近い動きをするものもあります。

小顔になるための美顔ローラー選びのポイント

美顔ローラーを使って小顔を目指すのであれば、毎日続けることが大切です。そのためには、自分が使いやすいものを選ぶようにしましょう。次のような点をチェックすると良いでしょう。

  • 使いやすい大きさ、重さであるか
  • 顔専用か(顔とボディ両用もあります)
  • 耐水性があるのか(入浴時に使用したい場合)
  • ヘッドの角度は変えられるか、固定されているのか
  • 電動式か、手動式か

ローラーの正しい使い方

sp1

肌の上を転がすだけの手軽な美顔ローラーですが、シンプルだからこそポイントをしっかり押さえて正しく使うことが大切になります。

美顔ローラーを効果的に使用するために、次の基本的なポイントを守りましょう。

  • 下から上へ
  • 中から外へ

リフトアップをしたい場合は、下から上へ転がします。このとき気をつける点は、一定の方向に動かすこと。上下に往復させて転がしてしまうと、せっかく上に持ち上げた肌を下げてしまい、かえって肌をたるませてしまうことになります。

フェイスラインは、あご先から耳に向けて上げていきます。顔全体のケアをしたいときには、はじめに口元から耳の方向へ、頬の上を転がします。徐々に上にずらしていき、目元から耳の方へ内側から外側へ向けて転がした後、眉間から髪の生え際へ上方向に転がします。ただし、首筋などにリンパの流れを良くするために使うときは、耳の下から鎖骨へ、上から下へ転がしてください。

 

[amazon]美容ローラー 美顔ローラー 顔 ボディ 小顔ローラー Y字型 マッサージ 3D 充電不要 防水 マイクロカレント ギフト

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です