そばかすの原因とメカニズム!正しいケア法を公開。

そばかすも、お肌の悩みの中では大きいものですよね。ニキビのようにぽつんと目立つようなものではありませんが、綺麗な人でも顔を良く見ると茶色い斑点ができていたりします。

これは、日本人のように黄色人種、そして欧米の白色人種によくできやすいものです。というよりも、肌が黒い黒色人種は実際にできているのですが肌が黒いためわからないのです。
主に、顔にかけて肩、背中に良くできます。正式名称は、雀卵斑(じゃくらんはん)といいまして、1~4mm程度の茶色の斑点がほとんどです。原因は大きく分けると、先天性のもの、そして後天性のものがあります。
先天性のものは、子供のころにできますが、大人になるにつれ次第に無くなります。欧米の方々は、よく先天性のそばかすができますね。しかし、後天性のものは逆で大人になるにつれてその色が濃くなります。
つまり、先天性のものは放置しておけば改善しますが、後天性のものは酷くなるということですので、それなりのケアをしておかなくてはいけないということです。では、それぞれの原因とケア法について紹介いたします。

先天性のそばかすの原因

sp1

先天性のそばかすは、欧米のこどもたちに良く見られます。映画なんかみていると、そばかすが子供が多いですよね。日本人であそこまでなっている子どもたちは少ないかと思いますが、なにも気にする必要はありません。優性遺伝によるものですので、大人になるにつれ無くなって行きます。ただ、大人になってからは、生活習慣が原因で後天性のそばかすに悩まされる可能性がありますのでその辺は注意しましょう。

後天性のそばかすの原因

こどものころにはなかったけど、成人してからそばかすが増えたというケースは、後天性のそばかすと考えて間違い無さそうです。これは一体どういうことをしていると起こるのか?まずは紫外線を浴びることです。
そして、日常生活の乱れ(喫煙、飲酒、ビタミン、ミネラルの欠乏、ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、等)、さらには正しいと思って行っていたスキンケアが原因でそばかすを促す可能性もあります。
この中でまず、一番気を使ってほしいのが、紫外線です。なぜならこれがそばかすの一番の原因だからです。そばかすというものは基本的に活性酸素がたくさんできることで、メラニン色素が生成されることでできます。こういうメラニン色素は、紫外線や外部刺激を受けることで肌が防衛反応を行った結果なのです。
これは、なにも紫外線だけではなく、摩擦が繰り返されたり、外部刺激すべてにおいて言えることなのでスキンケアなども注意して行わないといけません。例えば、水滴を拭くためタオルでごしごし拭き取るのは外部刺激を生みます。悪魔でも優しく拭き取りましょう。
他にも、過剰に精神的なストレスを抱えていたり、コンビニで売られているジュースやパンなどに含まれている発がん物質、喫煙、飲酒は、活性酸素を生成するのでそれが原因でそばかすを作ります。そばかすを予防するのであればまずはそれらの原因を取り除きましょう。

sp1

また、そばかすに飲んで効く医薬品も出ています。医薬品としてしみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症の効能が認められているので、試してみる価値はあります。

そばかすを増やさないための日常ケア

先天性のケース
もちろん、先天性のそばかすは、遺伝によるものですので改善しようと思ってもある一定の期間まではあるものです。だからといって気にしなさ過ぎはいけません。理由としては紫外線を浴びることで、そばかすが急激に増えてしまうこともあります。ですのでとにかく紫外線だけは気をつけましょう。

後天性のケース
大人になってからの生活の乱れが原因で起こるもので、逆を言えばその原因を改善すれば随分そばかすを抑えることができます。そばかす対策のスキンケアも重要ですがまずは日常生活の改善を考えてみましょう。

 

[Amazon限定ブランド]【第3類医薬品】PHARMA CHOICE しみそばかす シスビタオール 210錠

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です