今のうちに知っておきたいエイジングケアとは?何歳から始める?化粧品のおすすめは?


肌のお手入れ、何となく自分流でやってしまっていませんか?また、あまりに忙しすぎて、日々の対処療法的なケアしかやっていないという方もいらっしゃると思います。今日は、女性ならほぼ全員が通る道、エイジングケアについて紹介したいと思います。

エイジングケア・何歳から始める?

エイジングケアは老化を予防し、美しく健康な肌を保つための美肌対策ですから、若いうちからはじめても早過ぎるということはありません。20代でも成長過程が終了していれば、老化が始まるのです。若々しい肌を保ちたいのであれば早めに対策を立てることが大事。将来の自分のために、今できることから始めましょう。

エイジングケア・ポイント

  1. 目元や口元などの乾燥しやすい部分には意識的に化粧品を重ねづけする

目元や口元など、肌の中でも特に乾燥しやすい部分には化粧品を重ねづけしましょう。なぜなら、目元・口元は元々皮脂腺が少ないため、特に20代後半からは乾燥が深刻化してしまうからです。目元や口元の保湿はしわ・たるみの予防にもなるので、肌を乾燥させないためにも意識的に化粧品の重ねづけをしましょう。

  1. 美容液を必ず使用する

化粧水はエイジングケアの効果を高めるために欠かせませんが、エイジングケアを効果的に行って行きたい場合は美容液を必ず使用しましょう。なぜなら、美容液はもともとエイジングケアに効果のある有効成分を肌に届ける目的で作られたものであり、化粧水や乳液に比べても凝縮された成分が配合されているからです。美容液は自分自身の肌悩みを解決するために最も取り入れるべき化粧品なので、エイジングケアを効果的に行っていきたい方は、化粧水で肌の土台をしっかりと構築したうえでエイジングケア成分が配合された美容液を使用していきましょう。

化粧品のおすすめ3つ

ライスフォース ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水)

  • 内容量:120ml(60日分)
  • 保湿成分:有効成分ライスパワーNO11/グリセリン/ヒアルロン酸/DL-PCA・Na液等

この「ライスパワーNO11」は、「水分保持機能の改善」効果が国から認められている水溶性の有効成分で、肌の内側からうるおいのある肌へと導きます。水分の蒸発を防ぐだけでなく、水分を蓄えられる肌へと導くため総合的な肌の潤い効果を実感することができ、次に使うエイジングケア化粧品の美容成分もしっかりと浸透させます。

[amazon]ライスフォース(RICEFORCE) 【Amazon.co.jp限定】ライスフォース ディープモイスチュアローション 薬用保湿化粧水 (120ml / 約2か月分 / 医薬部外品) しっとり タイプ (化粧水 1回分 お試しセット付き) 乾燥肌 敏感肌 にも 無色 人工香料不使用 120 ミリリットル

 

ポーラ Red B.A ボリュームモイスチャーローション

  • 内容量:120ml
  • 価格:9900円(税抜)
  • 保湿成分:リシン /コメヌカスフィンゴ糖脂質/グリセリン等

保湿効果に優れた成分を厳選した保湿化粧水です。「リシン」・「コメヌカスフィンゴ糖脂質」等、高い潤い力のある保湿成分が角層のすみずみまでアプローチを行います。

[amazon]ポーラ Red B.A ボリュームモイスチャーローション 本体【化粧水】120mL

ブルークレール ローズエステリッチローション

  • 内容量:155ml
  • 価格:5000円(税抜)
  • 保湿成分:コラーゲン/セラミド3/発酵セラミド/植物性プラセンタ等

保湿効果の高い「セラミド」や「プラセンタエキス」「コラーゲン」等がしっかりと配合されており、肌の保水機能を高めながら肌を整えます。

[amazon]ブルークレール ローズエステリッチローション 155ml

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です