Uターン転職は志望理由が大切。「地元に帰りたい」だけじゃない、後悔しない選び方は?

今回はUターン転職に関することを取り挙げて、今どきの在り方から後悔しない選び方までご紹介したいと思います。

Uターン転職の志望理由は?

地元で働きたいだけじゃあだめ?

「地元に帰って働きたいんです」と熱意を持って訴えることはもちろん重要なことですが、それは単に志望理由の1つに過ぎません。会社側とすればどのような過程があったとしても、長く働いて会社に貢献してくれる人を求めています。

この会社を選んだ理由、何をしたいのか、何を貢献出来るのかなどを明確に話せるようにまとめて書きとめておく必要があります。会社のために何が出来るのか、自分を採用するとこんなにもメリットがありますよというアピールをするのです。都会などで学んだ知識や経験を地元に持ち帰って、自分はこうしたことをしますとはっきり言えるように準備しましょう!

sp1

志望動機の書き方例

地元で働きたい理由、人の魅力、会社の魅力などを考慮してそれを文章にします。例えば、「生まれ育った地元で自分に出来る限りのことをさせて頂きたく志望しました。なぜならこちらの会社ではこれまでの自分の経験を活かしたことが実現できるのではないかと思ったのです。きっと会社の売り上げにも貢献出来ると確信しております」など、1つ1つを明確にしてアピールポイントをおり混ぜながら訴えるのが良いと思いますよ。

Uターン転職の注意点3つ

inaka

都会の喧騒から自然豊かで安心出来る地方の暮らしへ。良い事尽くめと思いがちですが、次に挙げることをご注意下さいね。

1.給料が下がる覚悟

都市部は一般的に年収が高いので、地元にUターンして帰った場合大体2~3割の年収が下がることを覚悟しなければなりません。

2.物価はそんなに変わらないという現実

地方であれば、きっと物価も安くて、例え給料が下がっても余裕で大丈夫・・・と思いたいのはやまやまですよね。確かに家賃や土地代は安いでしょうが、日常的な食料品、生活雑貨などの価格は特に都会よりも安いとは言えません。むしろ価格の競争が激しい都会の方が安かったりして・・・。

3.地方では交通事情を考えるのは必須

都会のように張り巡らされた電車などの交通事情からすると、びっくりするほど交通の便は悪くなります。買い物などにも自動車は必須となります。都会では車なしでOKだったものが、地方では車を所有することになる。そのことによる維持費は大変な出費となります。

sp1

後悔しない選び方は?

butsuryuu

1.求人情報の収集

このことが選ぶ際に一番大事なこととなります。ネットの中でもさまざまな求人情報サイトが出ています。それだけでなく、多くのルートを確保する必要もあります。

ハ ローワークは安心した情報提供ですね。地元密着で探しやすく親身になって相談に乗って頂けます。また、地方の情報誌や地元の新聞もとても参考になること請 け合いです。コンビニやたまにスーパーなどにも「ご自由にどうぞ!」と置いてある所もありますから、簡単に入手出来ますよ。

家族や友人・知人から情報を収集しましょう。こちらも地域密着型でとても良い方法です。Uターン転職ですと中々情報が得られないことが多いですし、直接会社に行って聞くことも難しいですから。

2.公的機関を上手く利用する

今の時代はUターンを積極的に奨励している地域も多くなりました。役所自体がUターン就職に力を入れています。これは利用する手はありませんので、気軽に情報収集をして、それと同時に居住場所やその地域の情報も得られますから、とても便利ですよね。どんどん活用しましょう!

あとがき

家族との時間が持てたり、昔ながらの地元の友人と過ごせるなど「心にゆとりのある生活」が味わえる。年収が下がっても家族と過ごす時間が持てるのが幸せと言う方もいます。よくよく自分と向き合ってご検討下さいませ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です