たった一本の木に40種類もの果実が実る魔法のような実話

みなさんは、信じられますか?一つの木に40種類もの果実が実るという事実を…この話しを聞くと何かのおとぎ話や漫画の世界の話しにしか聞こえないかもしれませんがコレは事実です。この木を造り上げたのは、アメリカニューヨーク州にあるシラキュース大学の美術教授、Sam Van Akenさんです。

kajitu

実 際この木を見ると普通の木にしか見えずにとても40種類もの果実が実るとも思えません。ところが、春になりますと、このように青々とした木が、赤、ピンク の花が咲き、更には、プラム、アーモンド、アプリコット、チェリー、梅、桃など40種類もの果実が実るというのです。コチラの写真がそうです。

sp1

kajitu2

確 かに上の写真と比較してみると色鮮やかになっていますね。花や40種類以上の果実が実っているからでしょうか。あとは、バックにある太陽の光の影響で綺麗 に見えている。そんな感じでは無いでしょうかね。そもそも、40種類以上もの果実を生み出す木があるとして、どうしてそのようなものを造り出すことになっ たのでしょう。

偏屈をいえば、そんな面倒なことせずとも、40種類の木から果実を集めてくれば良いだけでは?実はちょっとした事情がありました。それは、2008年にニューヨーク州の果実園が資金不足によりどうしても閉鎖しなくてはならない状況まで追い込まれてしまいました。

sp1

そ こには、150年~200年まで生き続けてきた希少な樹木がたくさんあったので、閉鎖してしまうのはそういった希少な樹木を捨てることにもなります。それ はいけないことだと考えたのが、Akenさん。そこで、Akenさんは果実園を買収し、一本の木に色々な果実が実るように研究を開始します。しかし、いく ら大学教授でも果樹園を買収するほどのお金を持っていたんですね。

もともとお金持だったのか。凄いですね。それから5年の年月が経過し、研究の成果が表れました。僅か1本の木に40種類の果実が実ったのです!

 

kajitu3

け れども、美術の教授が、わずか5年の研究でこんなことができるのも凄いことです。もともと、理系も得意だったのでしょうかね。一番の疑問は果実園を買い占 めて、なんで一本の樹木に40種類の果実を実らせるかですよね。閉鎖を止めるなら買収だけで十分だったのでは?そこは、芸術家らしい性格が働いたのでしょ うか。芸術家らしく一本の木を色とろどりのカラフルなものにしたかったのか。わからんw

Akenさんは今後この技術を農家の人たちにも伝えていきたいとコメントしています。プレゼンテーションも行ってくれていますので是非興味がございましたらご覧ください。
参考元:http://snn.getnews.jp/archives/375294

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です