2016年花粉症のピークはいつ?暖冬の場合の特徴や対策は?

年が明けまして次に気になるのは花粉状況。今年の花粉の飛散はどのようになっているのでしょうか?日本気象協会の情報を中心にご紹介して参ります。ご参考にされて下さいませ。

春の花粉飛散予報

2016-kafun

出典:tenki.jp

暖冬による影響はあるのでしょうか?詳しく見てみますと、今年の1、2月は気温が平年並みか高くなる見込みのようです。12月は本当にびっくりポンな暖冬だったので、2016年の1、2月はどうかなと気になる所でした。今のところは暖冬に変わりがないようですね。

こうした暖冬では、花粉の飛散が早まる傾向にあるようです。2016年のスギ花粉の飛散開始時期は、西日本と東日本で平年より早まるでしょう。北日本は平年並みとなっています。花粉ピークは2月上旬~5月頃となっています。

前シーズンとの比較

2016-kaun-hikaku

出典:tenki.jp

ここで一言物申すコーナー(勝手に作りましたが・・・)

天気予報というものについてです。情報番組などでもずっと天気のことを伝えていますが、前の日の予報が当日は覆ってしまう、それが自然現象というものでしょう。地震や津波にしてもこれだけの年数をかけての気象データーも当たることもあれば、はずれることもある。いや、予測不可能なことが多いです。結局のところ、自然を相手にすれば人間がいかに科学が進んで研究されても、何も予報は出来ないと思うのは私だけなのでしょうか?

と言ってしまうと何も言えなくなりますが、そうなんだという前提で気象予報は見て行くべきだなとつくづく思います。今回掲載しました花粉の飛散情報は変わっていくかも知れませんので、花粉の気になる方はその都度情報収集をして下さいませ。

花粉症対策は?

3月くらいから?と思いきや、暖冬傾向にある年は、やはり花粉の飛散は早まる傾向にあるのでもう今からでも花粉症対策をしておきましょう。

外出から帰ったらもろもろを落とす

花粉が粘膜に付着しないように、花粉を部屋に入れないことが基本です。玄関の外で洋服や髪などを祓うことも忘れないようにして、帰宅後なるべくならシャワーを浴びると最良です。花粉症のひどい方にはオススメです。

外に出る際は、マスクやメガネは必須

これはもう基本中の基本ですね。今は本当に研究されて良い花粉症対策グッズが出ていますから、自分に合うグッズを選んでバッチリ!

加湿器を設置する

加湿も必須ですよ。喉などの粘膜が乾くとアレルゲンが付着しやすくなるからです。気になる方の場合は、就寝時に保湿効果のあるマスク(ほんとにいろいろなマスクが出ています)をして寝ましょう。

sp1

花粉症対策グッズご紹介

花粉対策3点セット

眼・鼻・口からの花粉の侵入を防ぎ、衣類に付着した目に見えない花粉も除去!「花粉対策メガネ」「エコクリーナー」「マスク」の3点セット。ツライ花粉症の季節に備えて!

これは何だかすぐれもの感オーラが出ています。価格は100円です。

カラーマスク

ベーシックカラーでシンプルなので、男女多くの方にお使いいただけるマスクです。

内側に今治産タオル地を使用し防寒にもGOOD!

使い捨てマスクのように湿気でべとっとしにくく快適です。

スッピン隠しもOK!

今、本当に美マスクも流行っていて、昔の白のダサダサマスクとは雲泥の差ですね。おしゃれ感覚でマスクを楽しめますね。カラーも豊富です。

価格はお高めの950円です。

ピッタマスク 3枚

ピッタリとフィットするマスクです。これまでご紹介したしたのは、ヤフーショッピングにての最新の花粉症対策グッズ゙上位3点でした。

価格は363円(税込)です。

のどぬーる ぬれマスク

【追跡ゆうメール・送料無料】のどぬーるぬれマスク就寝用 無香料(3枚入×4個)【保湿マスク】【小林製薬】【代引き不可】【福薬本舗】


いろいろと見る中で、好評でしたのでご紹介します。

スチーム効果でのどを潤します。たっぷりの水分で、朝までうるおいが持続。楽に呼吸できて、通気性不織布と特殊形状フィルター使用。

ヒアルロン酸配合。

価格は518円(税込)です。

あとがき

暖冬の影響によって花粉飛散が早まる傾向にあります。早めの対策をして、辛い花粉症の季節を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です