お好み焼きのカロリーは?ダイエットにも使える?太りにくい具材やレシピは?

お好み焼きというのはたこ焼きと良く比べられることがありますが、人によってどちらが好きというのはかなり意見が分かれるところではないでしょうか。そんなお好み焼きは日本人の方でしたら大好きなかたも多いでしょう。ソースを塗ったときのあの香ばしい香りはとても食欲をそそりますね。そんなお好み焼きですが中に入れる具材によってカロリーが高くなってしまうことがあります。ダイエットを考えている方は中に入れる具材を工夫することでカロリーを低くすることができます。

ダイエットにはあまり向かないカロリーの高い具材!

ダイエットをしているときにあまり取らない方が良いお好み焼きの具材としては、チーズ、餅、中華めん、うどんなどがあります。特に中華麺は注意!中華麺を入れると、とてもおいしいお好み焼きができるので好きな方も多いでしょう。

しかし中華麺のような炭水化物は高カロリーなものが多いですのでダイエット中の時は注意して下さい。せっかくダイエットしていて体重が減ったのに、また逆戻りということにもなりません。たこなどの魚介類はカロリーが低めのものが多いのでお好み焼きの具材としてはおススメです。

sp1

お好み焼きは炭水化物が多い!

お好み焼き屋はもともと小麦粉を使って作る料理ですから、炭水化物が多いというのはある程度は仕方がありません。小麦粉以外のもので代用するというやり方もあります。しかし一般的にはやはり小麦粉を使う料理法が多いです。炭水化物以外にも、一般的なお好み焼きにはタンパク質と脂質が多く含まれています。どうしても脂質が多い食べ物なので、食べ過ぎてしまうと太ってしまうということがありますので注意して下さい。

具材や調味料に注意すれば大丈夫!

お好み焼きを作るとき中入れる具材や、トッピングなどの調味料に少し気を使ってあげることによって、カロリーを低く抑えることが可能です。中華麺などの炭水化物はカロリーが高いので、なるべく入れないようにする。その代わり魚介類のようなものは低カロリーのものが多いので、なるべくそのような具材を使うようにすると良いです。さらに調味料にも注意が必要!

また、お好み焼きを食べる時にはソースは欠かせません。しかしソースの上にさらにマヨネーズをかける方はたくさんいます。このマヨネーズというのは脂分がたくさん含まれていて、とても高カロリーな調味料です。できればマヨネーズを最後に入れるのはやめて、ソースだけで食べるようにするとカロリーを抑えることができます。

sp1

もしくはどうしてもマヨネーズをかけたいという方は、カロリーオフのマヨネーズを使うようにして下さい。カロリーオフのマヨネーズを使えばある程度カロリーを抑えることができるでしょう。

具材にこんにゃくを入れてみる

お好み焼きの具材にこんにゃくを入れるというのはあまり聞きません。しかしこんにゃくというのは低カロリーでありながら栄養もたくさんあり満腹感も得られるというメリットがあります。この満腹感があるというのはダイエット中で量をたくさん食べたいという方にはピッタリ。

こんにゃくを使ったお好み焼きのレシピは、通常のお好み焼きと同じようにこんにゃくを具材にまぜて利用するだけで大丈夫。日本人の方なら大好きなお好み焼きですが、ダイエット中にお好み焼きを食べる時は具材に注意!高カロリーな具材はなるべく使わずに、カロリーの低い具材を使うのがポイント。

トッピングなどの調味料にも注意!

ソース以外の調味料を使うときは気をつけたほうが良いです。マヨネーズなどの高カロリーの調味料はダイエット中には向きません。できればソースだけで食べた方がダイエット中の方には良いでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です